豚つくねのすき焼き風

スポンサーリンク

豚つくねのすき焼き風

豚つくねのすき焼き風

料理名 豚つくねのすき焼き風
番組名 いっぷく!まんぷくキッチン
コーナー 出張!極ウマ料理人
料理人 三宮 昌幸
放送局 TBS
放送日 2015年1月8日(木)

 

焼きめもおいしい豚つくね

いっぷく!まんぷくキッチンには、「福わうち」店主の三宮 昌幸さんが登場し、豚肉のすき焼き「豚つくねのすき焼き風」を実際にスタジオで作って紹介していました。豚のつくねをすき焼き風の甘辛い割り下でいただきます。おなじみの牛肉を使ったすき焼きとは、また違った仕上がりに。豚のつくねを焼いてから煮る作り方で、焼きめも美味しい一品です。

スポンサーリンク

豚つくねのすき焼き風の材料(4人分)

 

【割り下】
100cc
みりん 200cc
しょう油 120c
砂糖 50g
【つくね】
豚ひき肉 300g
木綿豆腐 1/2丁
キクラゲ 30g
溶き卵 1/2個分
ショウガ 25g
片栗粉 大さじ1
少々
【その他の具材】
白菜 2枚
大根 1/2本
春菊 1/2袋
シイタケ 4枚
焼き豆腐 1/2丁

 

 

豚つくねのすき焼き風の作り方

豚つくねのすき焼き風1、【割り下を作る】鍋に酒(100cc)、みりん(200cc)を入れ弱火にかけ、沸々としてきたら砂糖(50g)、しょう油(120c)を加え煮立たせる。

 

-

豚つくねのすき焼き風2、【つくねを作る】豚ひき肉(300g)を粘りが出るまでしっかりこねる。

※しっかりこねることで崩れにくい

-

豚つくねのすき焼き風3、木綿豆腐(1/2丁)を加えてさらに混ぜ、片栗粉(大1)、溶き卵(1/2個分)を加え全体を混ぜ合わせる。

※水切りしない豆腐を加えて、フワフワ食感に

-

豚つくねのすき焼き風4、粗めに切ったキクラゲ(30g)、皮ごとすりおろしたショウガ(25g)、塩(少々)を加え、さらに混ぜ合わせる。

※キクラゲを加えてコリコリの食感に

※生姜の皮が、辛味やポカポカ作用が多い

●生姜は、繊維に対して垂直におろすとよい

-

豚つくねのすき焼き風5、【具材の下ごしらえ】大根(1/2本)の皮をむき、ピーラーで縦に削ぎ、軽く水にさらす。

● ピーラーは斜め45度に刃を当てると切りやすい

-

豚つくねのすき焼き風6、その他の白菜(2枚)、春菊(1/2袋)、シイタケ(4枚)、焼き豆腐(1/2丁)は適当な大きさに切っておく。

 

-

豚つくねのすき焼き風7、牛脂(分量外)を引いて弱火にかけた鍋に一口大に丸めたつくねを並べる。

 

-

豚つくねのすき焼き風8、つくねの片面に焼き目がついたら裏返して、1の割り下を加える。

-

 

豚つくねのすき焼き風シイタケ、大根、白菜、豆腐を加えて割り下を足しながら煮る。火が通ったら最後に春菊を加え、しなっとさせて、豚つくねのすき焼き風の完成。

卵(分量外)につけて食べる。

 

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ