たいめいけん流 ポークジンジャー

スポンサーリンク

たいめいけん流 ポークジンジャー

たいめいけん流 ポークジンジャー

料理名 たいめいけん流 ポークジンジャー
番組名 いっぷく!まんぷくキッチン
コーナー 出張!極ウマ料理人
料理人 茂出木浩司
放送局 TBS
放送日 2015年3月5日(木)

 

リンゴのすりおろしで、自然な甘味を

いっぷく!では、「肉肉しいのが食べたい!」とお肉大好きなご主人様からのリクエストに、「美味しいお肉料理を知りたい」と奥様からのご相談に、たいめいけんの茂出木浩司シェフが、「ポークジンジャー」の作り方を伝授、おすすめしていました。ジンジャーソースには、玉葱のすりおろしのほかにリンゴも皮ごとすりおろして、自然な甘味を足すところがポイント!しっかりすじ切りをすることで、肉が縮まずにボリュームある仕上がりになります。

スポンサーリンク

たいめいけん流 ポークジンジャーの材料(2人分)

 

豚ロース(とんかつ用) 2枚
少々
コショウ 少々
小麦粉 適量
大さじ2
サラダ油 大さじ1
(ジンジャーソース)
タマネギ 1/6個
リンゴ 1/8個
ニンニク 1片
ショウガ 1片
ハチミツ 大さじ1
大さじ1
しょう油 大さじ3
みりん 小さじ1
大さじ2

 

 

たいめいけん流 ポークジンジャーの作り方

たいめいけん流 ポークジンジャー1、ジンジャーソースのタマネギ(1/6個)、ショウガ(1片)、ニンニク(1片)、リンゴ(皮ごと1/8個)をすりおろし、ハチミツ(大1)、酒(大1)、しょう油(大3)、みりん(小1)と合わせて水(大2)でのばす。

※辛味をやわらげるため、リンゴの自然な甘味を足す

●放送:辛味が強ければ、ハチミツを足す

たいめいけん流 ポークジンジャー2、豚ロース(とんかつ用 2枚)の赤身と脂身の間、7〜10箇所ほど、垂直に包丁を入れ、すじ切りをする。

※すじ切りをすることで、肉が縮まない

たいめいけん流 ポークジンジャー3、塩(少々)、コショウ(少々)をふり、10分程置いて、小麦粉(適量)を薄くまぶす。

※塩、コショウは肉の旨みを引き出す

4、フライパンにサラダ油(大1)をひき、3の豚肉の盛り付けた上になる表の面を下にして入れ、押しながら強火で焼く。

※押しながら焼くことで、肉が反らす、きれいな焼き色もつく

●放送:表の面とは、赤身が左、脂身が右にくる面

たいめいけん流 ポークジンジャー5、焼き色がついたら肉を返し、酒(大2)を加えフタをして、弱火で蒸し焼きにする。

※表はよく焼き、裏は蒸し焼きでふっくら

たいめいけん流 ポークジンジャー6、2〜3分後、1のジンジャーソースをフライパンに加え、煮詰めて辛味を飛ばし両面に絡め合わせる。

※1分煮詰めて、辛味を飛ばす

たいめいけん流 ポークジンジャー7、皿に盛り、上からジンジャーソースをかけて、たいめいけん流 ポークジンジャーの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ