鶏とれんこんのだんご煮

スポンサーリンク

鶏とれんこんのだんご煮

鶏とれんこんのだんご煮

料理名 鶏とれんこんのだんご煮
番組名 NHKきょうの料理
料理人 鈴木登紀子
放送局 NHK
放送日 2016年11月7日(月)

 

ソフトなおだんごに

「登紀子ばぁばの秋の食卓」というテーマで、「ばぁば」でおなじみ鈴木登紀子さんによる料理2品を紹介していました。ここでは、「鶏とれんこんのだんご煮」の作り方になります。一口大に整えた鶏肉とれんこんのおだんごをしみじみとやさしいお味の煮物に仕上げます。たまねぎのすりおろしを加えてソフトなおだんごに!

スポンサーリンク

鶏とれんこんのだんご煮の材料(3~4人分)

 

鶏ひき肉 200g
にんじん(みじん切り) 大さじ2
生しいたけ(軸を除いてみじん切り) 大さじ2
れんこん 500g
だし カップ3
貝割れ菜 少々
しょうが汁 適宜
A
溶き卵 1/2コ分
たまねぎ(すりおろす) 大さじ1
大さじ1/2
砂糖 小さじ1
うす口しょうゆ 大さじ1/2
B
みりん 大さじ4
うす口しょうゆ 大さじ2
少々
●塩・小麦粉

 

 

鶏とれんこんのだんご煮の作り方

1.鶏だんごを作ります。大きめのボウルに鶏ひき肉(200g)と下記Aを入れ、指先を立てた手でよく混ぜます。粘りが出てきたらにんじん(みじん切り 大2)、しいたけを加え、サックリと混ぜます。

溶き卵 1/2コ分
たまねぎ(すりおろす) 大さじ1
酒 大さじ1/2
砂糖 小さじ1
うす口しょうゆ 大さじ1/2

※たまねぎのすりおろしを加えると、肉のくせが抑えられ、柔らかく仕上がる

●鶏ひき肉はできれば、鶏もも肉と手羽先の皮や骨、余分な脂を除き、3:1で合わせて二度びきしたもの。

-

2.鍋にたっぷり湯を沸かします。1をスプーンですくい、手を添えて丸くまとめながら、1つずつ湯に落とします。中火で静かに1分間ほどゆで、浮いたものから網じゃくしですくって水に放します。同様にして全部水にとったら、ざるに上げます。

※あまりグラグラ沸かすと湯の中でタネが散ってしまいますので、やさしい火加減で。

-

3.れんこん(500g)は皮をむいてすりおろし、万能こし器に入れ、上から押して水けをきります。ボウルに移し、塩(1つまみ)、小麦粉(大6)を加えてまんべんなく混ぜます。

※水けが多いと、ゆでたときくずれやすくなってしまうので、様子をみてある程度しっかりきります。

-

4.鍋の湯を再び沸かす。3を2のだんごと同じ大きさに丸めて落とし、中火で1~2分間ゆでます。

※ここでも強火は禁物。あとで煮るので、完全に火が通らなくても形がある程度固まればよいですよ。

-

5.2と同様に、浮いたらすくって冷水にとり、ざるに上げます。

-

6.鍋にだし(カップ3)を煮立てて下記Bを加え、2と5のだんごを静かに加えます。紙ぶたをし、弱めの中火で6~7分間煮て火を止めます。

みりん 大さじ4
うす口しょうゆ 大さじ2
塩 少々

鶏とれんこんのだんご煮

-

7.だんごを器に盛り、根元を切り落とした貝割れ菜(少々)を煮汁にくぐらせて添えます。汁をはり、好みでしょうが汁(適宜 つゆしょうが)をかけて、鶏とれんこんのだんご煮の完成。

鶏とれんこんのだんご煮


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

れんこんの人気レシピ

第1位

簡単!作り置きおかず!レンコンのにんにく炒め

簡単!作り置きおかず!レンコンのにんにく炒め

シャキッとした歯ごたえが美味しさ倍増の秘訣かも?フライパン一つですぐできる簡単作り置きおかず。あと一品って時やお弁当のすき間に、おつまみにもどうぞ!

第2位

れんこんのきんぴら

れんこんのきんぴら

あと一品という時に。根菜食べておなかをキレイに☆

第3位

つなぎはマヨで簡単! 蓮根はさみ照り焼き

つなぎはマヨで簡単! 蓮根はさみ照り焼き

一人前100円以下の 胸肉、ささ身を使った蓮根はさみ照り焼きです。 つなぎはマヨネーズなので簡単に作れます。

第4位

蓮根の一番好きな食べ方★もちもち蓮根もち

蓮根の一番好きな食べ方★もちもち蓮根もち

なんでこんなにもちもちになるんだろう? 食べるたびにすごいよね~と感心するばかり。

このページの先頭へ