五目豆

スポンサーリンク

五目豆

五目豆

 

料理名 五目豆
番組名 NHKきょうの料理
料理人 栗原はるみ
放送局 NHK
放送日 2016年11月10日(木)

 

簡単な常備菜レシピ

「栗原はるみの定番ごはん」のシリーズでは、栗原はるみさんが料理2品を紹介していました。ここでは、副菜「五目豆」の作り方になります。さっぱりめの味つけで軽やかに仕上げました。砂糖、みりん、しょうゆは、全て大さじ2。覚えやすくて簡単なレシピ。3~4日間は保存できるので、常備菜として、食卓にあるとホッとする味です。

スポンサーリンク

五目豆の材料(つくりやすい分量)

 

ゆで大豆 カップ2(300g)
干ししいたけ 6枚
こんにゃく 1枚(220g)
れんこん 1節(150g)
にんじん 1本(150g)
だし カップ2
A
砂糖・みりん・しょうゆ 各大さじ2
●砂糖・しょうゆ

 

 

五目豆の作り方

1.干ししいたけ(6枚)は軽く洗い、水カップ1/2につけて戻す軽く水けを絞って軸を切り、1cm角に切ります。こんにゃく(1枚(220g))は手で1cm大にちぎってからサッと下ゆでし、ざるに上げて水けをよく拭きます。れんこん(1節(150g))は皮をむき、1.5cm角に切って水にさらし、ざるに上げて水けをよく拭きます。にんじん(1本(150g))は皮をむき、1cm角に切ります。

-

2.鍋にだし(カップ2)とAの砂糖・みりん・しょうゆ(各大2)を入れて煮立て、れんこん以外の材料を入れます。落としぶたをして、弱めの中火で7~8分間煮ます。

五目豆

※調味料は覚えやすい割合。れんこんは食感を残すため、後から加えます。

-

3.砂糖(大1~2)、しょうゆ(大1~2)とれんこんを加え、ふたをせずにさらに5分間煮ます。煮汁が少なくなり、れんこんに火が通ったら鍋を揺すって上下を返し(鍋返し)、火を止めてしばらくおいて味を含ませます。

※調味料を足す前に煮汁を味見して、甘さとしょうゆ味のバランスが好みなるように、分量を加減するとよい。

-

4.器に盛り、五目豆の完成。

五目豆


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ