きのこづくしの山かけ

スポンサーリンク

きのこづくしの山かけ

きのこづくしの山かけ

料理名 きのこづくしの山かけ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 鈴木登紀子
放送局 NHK
放送日 2016年11月8日(火)

 

長芋がトロリとやさしくまとめて

登紀子ばぁばの秋の食卓ということで、「ばぁば」こと間もなく92歳の鈴木登紀子さんが、きのこを使った料理2品を紹介していました。ここでは、「きのこづくしの山かけ」の作り方になります。旬のしいたけ、まいたけ、しめじ、えのきだけを、みりんとしょうゆで甘辛く煮て、すりおろした長芋をかけます。様々なきのこの味・食感を長芋がトロリとやさしくまとめます。

スポンサーリンク

きのこづくしの山かけの材料(2人分)

 

生しいたけ 3枚
まいたけ 1/3パック
しめじ 1/3パック
えのきだけ 1/3袋
A
だし カップ1/3
みりん 大さじ2
うす口しょうゆ 大さじ2
長芋 220g(すりおろしてカップ1)
青のり粉 適量
●塩

 

 

きのこづくしの山かけの作り方

1.生しいたけ(3枚)は軸を除き、薄切りにします。まいたけ(1/3パック)は食べやすくちぎる。しめじ(1/3パック)は根元を落として小房に分けます。えのきだけ(1/3袋)は根元を切り落とし、長さを半分に切ります。

※合わせるきのこはお好みで。1種類よりも数が多いほうが豊かな味わいになります。

-

2.底の広い浅鍋に、まいたけ、しめじ、しいたけ、えのきだけの順に入れ、Aのだし(カップ1/3)、みりん(大2)、うす口しょうゆ(大2)を順に加えて中火にかけます。菜箸でやさしく混ぜながら、汁けがなくなるまで煮て、バットにあけます。

きのこづくしの山かけ

※煮汁が少ないように思えますが、煮ているうちにきのこからだんだん水分が出てきます。

-

3.長芋(220g(すりおろしてカップ1))は皮をむいてすりおろし、塩(小1/5)を加えてよく混ぜます。器に2のきのこを盛り、長芋をかけます。

※とろみの強い大和芋などをすって使うときは、だしを適量加えてのばすとよい。

-

4.青のり粉(適量)を小さいバットに入れます。竹串を太いほうの端から5~6cmのところでL字形に折り曲げ、サッと水でぬらして青のり粉をつけます。3の長芋の上に押し付けて線を描き、井げたの模様にして飾り、きのこづくしの山かけの完成。

きのこづくしの山かけ

※青のり粉はちょっと散らすだけでもよいのですが、おしゃれに飾れば、おもてなしにも。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

きのこの人気レシピ

第1位

めんつゆとみりんで割烹の味★鱈の彩り野菜あん

めんつゆとみりんで割烹の味★鱈の彩り野菜あん

めんつゆとみりんで餡を作ると、簡単に割烹の味に!? 淡泊な味の鱈も、たっぷり野菜餡で立派な和のおかず♪水菜と人参、鷹の爪が彩りよく、見た目も楽しい一品です。

第2位

うまっ!☆しいたけのチーズ焼き☆

うまっ!☆しいたけのチーズ焼き☆

簡単で美味しいです(^v^) おつまみに◎

第3位

まいたけと秋鮭のバター醤油炒め

まいたけと秋鮭のバター醤油炒め

秋の味覚いっぱいです(*^^*)

第4位

とろ~りヘルシー♪エリンギの豆腐グラタン

とろ~りヘルシー♪エリンギの豆腐グラタン

とろける豆腐にキノコの旨味をプラスした豆腐グラタンです。たっぷりのとろけるチーズがこんがり溶けて香ばしい一品♪

このページの先頭へ