かきフライ

スポンサーリンク

かきフライ

かきフライ

料理名 かきフライ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 鈴木登紀子
放送局 NHK
放送日 2016年11月9日(水)

 

昔風にウスターソースとからしで

登紀子ばぁばの秋の食卓ということで、「ばぁば」こと間もなく92歳の鈴木登紀子さんが、料理2品を紹介していました。ここでは、「かきフライ」の作り方になります。カラリと歯切れよく揚げるために、衣をつけてから一度冷やすのがばぁば流。かきを洗う時は、大根おろしを混ぜると汚れがきれいに落ちます。多めにつくって、卵とじなどにしても!

スポンサーリンク

かきフライの材料(2人分)

 

かき (大)6コ
大根おろし(下処理用) カップ1/2
小麦粉 適量
溶き卵 1コ分
パン粉 適量
キャベツ 3枚
にんじん(みじん切り) 少々
ウスターソース 適量
溶きがらし 適量
●塩・こしょう・揚げ油

 

 

かきフライの作り方

1.キャベツ(3枚)は軸を除き、3枚を重ねて縦にクルクルと巻き、繊維を断つようにせん切りにします。にんじん(みじん切り 少々)とともに氷水をはったボウルに放し、シャキッとさせておきます。

-

2.かき((大)6コ)と大根おろし(下処理用 カップ1/2)をボウルに入れ、手早くかき混ぜて汚れを落とします。大根おろしが灰色になったら、かきを目ざるに移します。

※かきの汚れを落とすには、大根おろしを加えて混ぜるのがいちばんです。

-

3.目ざるを水をはったボウルにつけ、流水の下でふり洗いします。水をかえて2回洗い、水けをよくきります。

※手早く洗うのが大切です。

-

4.かきを紙タオルではさんで水けをしっかりと拭き取り、塩・こしょう(各少々)をふります。

※下味を濃くしすぎないためには、こしょうは上側だけにふっておいて、かきの裏側をお隣のかきに重ねるようにして両面につけるとよいの。

-

5.衣の小麦粉(適量)をまぶしつけ、余分な粉をはたき落としてから、溶き卵(1コ分)、パン粉(適量)を順につけます。バットに並べて冷蔵庫に入れ、5分間ほど冷やします。

かきフライ

※衣をつけてから一度冷やすのが、ばぁば流。カラリと歯切れよく揚がります。

-

6.180℃に熱した揚げ油に5のかきを3コずつ入れ、きつね色になるまで揚げます。バットにとり、油をきります。

※パン粉を落としてみて、表面でパッと散るくらいが温度の目安です。

-

7.かき、水けをきった1を皿に盛ります。ウスターソース(適量)を器に入れ、にんじんのからし入れに溶きがらし(適量)をのせて添え、かきフライの完成。

かきフライ


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

フライの人気レシピ

第1位

ふわふわ*えびカツ♪(FP不要)

ふわふわ*えびカツ♪(FP不要)

フードプロセッサー不要! 冷凍のむきえびで簡単おいしいえびカツです♪ パンにはさんだり、お弁当のおかずにもどうぞ♪

第2位

話題沸騰、フライ級チャンピオンの『フライドポテト』

話題沸騰、フライ級チャンピオンの『フライドポテト』

バーガー専門店の本格フライドポテト。ショップの店員さんがこっそり教えてくれた秘蔵のレシピ♪外はカリッと、中はホックホク、本格フライドポテトをぜひ、ご家庭で♪

第3位

鶏むね肉で☆チーズ入りチキンカツ

鶏むね肉で☆チーズ入りチキンカツ

むね肉なのでとっても柔らかいです☆ 中からとろけ出すチーズがたまりません ヾ(≧∇≦*)〃

第4位

牡蠣フライです☆旬の恵みを丸ごと!熱々をはふはふ☆

牡蠣フライです☆旬の恵みを丸ごと!熱々をはふはふ☆

外はサクッ♪と中はジューシーに♪♪レモンだけキュッ♪と絞って頂くのがオススメw。お好みでソースやマヨネーズを付けてもGOOD!です☆

このページの先頭へ