鶏の照り焼き

スポンサーリンク

鶏の照り焼き

鶏の照り焼き

料理名 鶏の照り焼き
番組名 NHKきょうの料理ビギナーズ
料理人 浜崎典子
放送局 NHK
放送日 2016年11月15日(火)

 

鶏肉を照りよく

「バツ江のスパルタ和食塾」というテーマで、定番の料理「鶏の照り焼き」の作り方を紹介していました。いつも穏やかでやさしい語り口調高木ハツ江おばあちゃんの姉「バツ江」が、阿佐ヶ谷姉妹に伝授。鶏肉の下ごしらえと、焼くときの火加減、たれの煮つめ加減がポイントです。

スポンサーリンク

鶏の照り焼きの材料(2人分)

 

鶏もも肉 (小)2枚(400g)
(たれ)
しょうゆ 大さじ1と1/2
みりん 大さじ1と1/2
大さじ1
砂糖 大さじ3/4
かぶの甘酢漬け
かぶ 2コ(160g)
かぶの葉 1~2本
(甘酢)
大さじ1
砂糖 大さじ1/2
小さじ1/4
[常備品]塩/こしょう/小麦粉/サラダ油

 

 

鶏の照り焼きの作り方

1.鶏もも肉((小)2枚(400g))は焼く15分以上前に冷蔵庫から取り出します。

-

2.かぶの甘酢漬けを作ります。かぶ(2コ(160g))は厚めに皮をむき、7~8mm幅のくし形に切ります。茎は端から5mm幅に切ります。塩(小1/4)をふって軽くもみ、しんなりしたら堅く絞ります。甘酢の酢(大1)、砂糖(大1/2)、塩(小1/4)を混ぜ合わせ、かぶと茎を加えてあえ、味をなじませます。

-

3.1の鶏肉は周囲にはみ出た皮を脂肪ごと切り落とし、大きめの脂肪も取り除きます。筋の多いところに切り目を2本入れます。

-

4.両面に塩・こしょう(各少々)をふって下味をつけ、小麦粉(適量)を薄くふり、手で軽くなじませます。

-

5.フライパンにサラダ油(少々)を入れ、4の鶏肉は皮を下にして並べ入れます。強めの中火にかけて約1分間加熱し、その後弱火にして約8分間焼きます。再び強めの中火にし、2~3分間焼きます。途中、脂がでてきたらペーパータオルで拭きます。

-

6.焼き色がついたら返し、弱めの中火で3~4分間焼きます。火を止め、バットなどに取り出します。フライパンをペーパータオルで拭きます。

-

7.たれの下記調味料を入れて中火にかけます。煮立ったら、泡が直径約1cmになるまで煮詰めます。

しょうゆ 大さじ1と1/2
みりん 大さじ1と1/2
酒 大さじ1
砂糖 大さじ3/4

-

8.6の鶏肉は、バットに残った肉汁ごと戻し入れ、返しながらたれをからめます。火を止めて鶏肉を取り出し、肉汁が流れずにジューシーさを保てるように約5分間おいてから切り分けます。

鶏の照り焼き

-

9.器に盛り、2のかぶを手前の右側に添えて、鶏の照り焼きの完成。

鶏の照り焼き


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ