黒豆

スポンサーリンク

黒豆

黒豆

料理名 黒豆
番組名 きょうの料理
料理人 田村 隆
放送局 NHK
放送日 2015年12月7日(月)

 

炭酸水で芯まで柔らかく

【王道おせち 失敗なしのイロハ】祝い肴三種ということで、「黒豆」の作り方の紹介です。おせちの王道。炭酸水を加えると、重曹を加えるのと同様に、豆が芯まで柔らかく煮えます。お試しください。

スポンサーリンク

黒豆の材料(つくりやすい分量)

 

黒豆 (乾)200g
砂糖 180~200g
しょうゆ 大さじ1
A
炭酸水 (無糖)カップ2+1/2
砂糖 大さじ2
しょうゆ 大さじ1

 

 

黒豆の作り方

 

《1日目》

黒豆

1、黒豆((乾)200g)は洗って水けをきり、大きい鍋に入れ、水2リットルを加えて中火にかける。煮立ったらAの炭酸水((無糖)カップ2+1/2)、砂糖(大2)、しょうゆ(大1)を順に加える。

※炭酸水を加えると、重曹を加えるのと同様に、黒豆が柔らかくなる。

-

2、再び煮立ったらアクを取って火から下ろし、ふたをしてそのまま一晩おく。

※鍋のふたがなければ、ラップで覆ってもよい。

-
《2日目》

 

3、ふたを取って中火にかけ、煮立ったらアクを取る。ごく弱火にし、落としぶたをしてじっくりと煮る。途中、常に煮汁が豆にかぶるように、適宜水を加える。4~5時間煮る。

※砂糖を加えたあとは豆が柔らかくならない。十分時間をかけて煮る。

-

黒豆4、豆が完全に柔らかくなったら、砂糖(60~70g)を加え、20~30分間煮る。

これをあと2回くり返して火を止め、落としぶたをしたまま一晩味を含ませる。

※砂糖は一度に加えると、豆が固くなるので180~200gを3回に分けて加え、好みの甘さに。

-
《3日目》

黒豆

5、最後に再び弱めの中火で温め直し、しょうゆ(大1)を加えて火を止める。冷めたら容器に移し、必ず煮汁に豆が浸っている状態で冷蔵庫に保存する。黒豆の完成。

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

人気のレシピ

このページの先頭へ