黒糖しょうが梅酒

黒糖しょうが梅酒

料理名 黒糖しょうが梅酒
番組名 NHKきょうの料理
料理人 大原千鶴
放送局 NHK
放送日 2018年6月4日(月)

 

コメント

大原千鶴さんの初夏の保存食シリーズから青梅を使った調味料の作り方を紹介。ここでは、「黒糖しょうが梅酒」の作り方になります。ラムとしょうがの野趣あふれる風味が特徴。ブランデーでもまろやかにおいしくできます。

黒糖しょうが梅酒の材料(つくりやすい分量)

 

青梅 500g
黒砂糖(塊のもの) 300g
新しょうが 50g
ラム酒 700~1000ml

 

 

黒糖しょうが梅酒の作り方

1.青梅(500g)はよく洗い、たっぷりの水に1時間つけてアクを抜きます。

 

 

2.ざるに上げて紙タオルで水けを拭き、なり口のヘタを竹串で取ります。

新しょうが(50g)はきれいに洗い、皮付きのまま2~3等分に切ります。

 

 

 

3.清潔な保存瓶に青梅と黒砂糖(塊のもの 300g)を交互に入れます。

しょうがを加え、ラム酒(700~1000ml)を注ぎます。黒砂糖が沈殿するので時々混ぜます。

 

※飲み頃…3か月後から飲めるが1年後からがおいしい。

※保存…暗く涼しい場所。梅は1年後に取り出します。

このページの先頭へ