黒みつのパンナコッタ

黒みつのパンナコッタ

料理名 黒みつのパンナコッタ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 栗原はるみ
放送局 NHK
放送日 2018年7月12日(木)

 

コメント

栗原はるみさんの定番ごはんシリーズ。ここでは、デザート「黒みつのパンナコッタ」の作り方になります。やさしい口当たりの黒みつの濃厚な甘さで、どんなにおなかいっぱいでもおいしく食べられます。ぶどうの季節には、皮をむいてシロップ漬けにしたデラウェアをのせてソースにしています。

黒みつのパンナコッタの材料(約100mlの器6コ分)

 

粉ゼラチン 5g
牛乳 カップ1と1/2
グラニュー糖 60g
生クリーム カップ1
ラム酒 大さじ2
黒みつシロップ
黒砂糖 100g
大さじ4

 

 

黒みつのパンナコッタの作り方

1.小さめの容器に水大さじ2を入れ、粉ゼラチン(5g)をふり入れてふやかします。

 

 

2.鍋に牛乳(カップ1と1/2)を入れて弱火にかけ、グラニュー糖(60g)を加えて混ぜながら溶かします。

沸騰直前で火を止め、熱いうちに1を残さず加え、混ぜながら溶かします。

 

 

 

3.生クリーム(カップ1)を加えながら混ぜ、ラム酒(大2)を加えて風味をつけます。

鍋に氷水(大4)を入れたボウルの上に重ね、底を冷やしながら完全に冷たくなるまで混ぜます。

 

 

 

4.器に均等に流し入れ、ラップをふんわりとかけて冷蔵庫で4~6時間冷やし固めます。

 

 

 

5.固めている間にシロップを作ります。

黒砂糖(100g)は包丁で細かく刻みます。

鍋に入れて分量の水を加え、弱火にかけて溶かします。煮立ったら、とろみがつくまで4~5分間煮て、火を止めてそのまま冷まします。

 

 

 

6.食べる直前にパンナコッタにシロップをかけます。

このページの先頭へ