鶏肉のさんしょう焼

スポンサーリンク

鶏肉のさんしょう焼

料理名 鶏肉のさんしょう焼
番組名 NHKきょうの料理
料理人 髙橋拓児
放送局 NHK
放送日 2016年12月13日(火)

 

盛りつけたときも映える

「軽やかおせち」というテーマで、髙橋拓児さんがおせち料理を紹介していました。ここでは、うまみ満点!「鶏肉のさんしょう焼」の作り方になります。鶏もも肉にひき肉を重ねているので、冷めてもしっとりふんわり!山椒の香りと鶏のジューシーなうまみが口に広がり、厚みがあるので食べごたえも十分の「鶏肉のさんしょう焼」のレシピ。

スポンサーリンク

鶏肉のさんしょう焼の材料(つくりやすい分量)

 

鶏もも肉 1枚
鶏ひき肉 200g
A
卵黄 1コ分
卵白 1/2コ分
しょうゆ・たまりしょうゆ 各小さじ2
砂糖 15g
粉ざんしょう 1g
しょうが(刻む) 少々
合わせ調味料
カップ3/4
しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ1
砂糖 大さじ1
粉ざんしょう 少々
●小麦粉・サラダ油

 

 

鶏肉のさんしょう焼の作り方

1.鶏もも肉(1枚)は皮側を下にして置き、厚い部分に真ん中から切り込みを入れて左右に開き、厚さを均一にします。小麦粉(適量)をふります。

-

2.ボウルに鶏ひき肉(200g)と下記Aを合わせ、粘りが出るまでよく混ぜます。1の鶏肉にのせ、平らにならします。

卵黄 1コ分
卵白 1/2コ分
しょうゆ・たまりしょうゆ 各小さじ2
砂糖 15g
粉ざんしょう 1g
しょうが(刻む) 少々

※異なる食感とうまみを合わせ味に深みを出す

-

3.フライパンにサラダ油(少々)をひき、2の皮側を下にして入れ、弱火で10分間ほど焼きます。香ばしく焼き色がついたら上下を返し、アルミ箔で表面を覆う。そのまま10分間ほど焼き、アルミ箔を外して再び上下を返し、皮がパリッとするまで焼きます。

鶏肉のさんしょう焼

-

4.鶏肉を一度取り出し、フライパンに合わせ調味料の酒(カップ3/4)、しょうゆ(大2)、みりん(大1)、砂糖(大1)を合わせ、火にかけます。少しトロリとしたら皮側を上にして鶏肉を戻し入れ、スプーンで煮汁をかけながら煮詰めます。

-

5.取り出して冷ましたら粉ざんしょう(少々)をふり、一口大に切ります。鶏肉のさんしょう焼の完成。

鶏肉のさんしょう焼


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

鶏肉の人気レシピ

第1位

焼き方にコツ冷めてもしっとり ささみの照り焼き

焼き方にコツ冷めてもしっとり ささみの照り焼き

外はカリッ、中はしっとり、ごはんががっつり食べられるささ身の照り焼きです。 唐辛子入りの絶品辛タレも、ぜひ試して下さいね♪

第2位

マヨった時は、フライパン1つの「マヨチキン」

マヨった時は、フライパン1つの「マヨチキン」

下味付けて、フライパンですぐ調理。 洗いものもなく簡単おいしく。お子様も大好きですよ。

第3位

ささみときゅうりの中華風酢の物

ささみときゅうりの中華風酢の物

ささみときゅうりの冷やし中華っぽい酢の物が食べたかったので。

第4位

鶏肉のカリカリ焼き☆ネギ塩レモンソース

鶏肉のカリカリ焼き☆ネギ塩レモンソース

鶏モモ肉をカリカリに焼き、 ネギ塩ソースをかけて下さい♪ レモンの酸味がたまらなく鶏肉とマッチします☆

このページの先頭へ