鶏手羽と里芋の甘辛煮

スポンサーリンク

鶏手羽と里芋の甘辛煮

料理名 鶏手羽と里芋の甘辛煮
番組名 NHKきょうの料理
料理人 高城順子
放送局 NHK
放送日 2016年9月7日(水)

 

コラーゲンたっぷり

明日もおいしい!まとめづくりというテーマで、料理3品を紹介していました。ここでは、「鶏手羽と里芋の甘辛煮」の作り方になります。コラーゲンたっぷりの鶏手羽先をカラメルで煮込みます。翌日は冷たいまま、手羽から出たコラーゲンたっぷりの煮こごりを楽しみます。

スポンサーリンク

鶏手羽と里芋の甘辛煮の材料(2人×2回分)

 

鶏手羽先 8本
里芋 8コ(500~550g)
ねぎ 1本
さやいんげん(ゆでてから食べやすい長さに切る) 4本
A
しょうゆ・酒 各カップ1/4
砂糖 大さじ5
カップ1と2/3~2
●塩・砂糖・サラダ油・ごま油

 

 

鶏手羽と里芋の甘辛煮の作り方

1.里芋(8コ(500~550g))は皮をむき、大きければ半分に切ります。塩大さじ1/2をよくもみ込み、流水(カップ1と2/3~2)でぬめりを洗い、水けをきります。

鶏手羽先(8本)は関節のところに包丁を入れて半分に切ります。

ねぎ(1本)は4cm長さに切ります。

下記Aを混ぜ合わせておきます。

しょうゆ・酒 各カップ1/4
砂糖 大さじ5
水 カップ1と2/3~2

-

2.フライパンに砂糖(大2強)とサラダ油(大2)を入れ中火にかけます。カラメル状になったら火を止め、1~2分間おきます。

油はねに注意しながらA、1を加え、強火にかけます。沸騰したら弱火にし、ふたをして30~40分間煮ます。

ふたを取り、中火にして4~5分間、時々混ぜながら煮詰め、ごま油(大1/2~1)を加えて混ぜます。

鶏手羽と里芋の甘辛煮

-

3.半量を器に盛り、さやいんげん(ゆでてから食べやすい長さに切る 4本)を散らして、鶏手羽と里芋の甘辛煮の完成。

鶏手羽と里芋の甘辛煮

●保存容器に入れ、冷蔵庫で3~4日間保存可能。翌日は冷たいまま食べると、手羽先から出た煮こごりが美味。紙タオルで表面に浮いた油を吸わせて取り除くと、おいしく食べられる。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ