鶏もも肉とししとうの焼き南蛮

スポンサーリンク

鶏もも肉とししとうの焼き南蛮

料理名 鶏もも肉とししとうの焼き南蛮
番組名 NHKきょうの料理
料理人 松本忠子
放送局 NHK
放送日 2016年9月5日(月)

 

保存おかずの代表格

明日もおいしい!まとめづくりというテーマで、料理3品を紹介していました。ここでは、「鶏もも肉とししとうの焼き南蛮」の作り方になります。漬けたては素材の味がよくわかるあっさり味、一晩おくと味がよくしみたご飯に合う味と、また違ったおいしさになります。

スポンサーリンク

鶏もも肉とししとうの焼き南蛮の材料(2人×2回分)

 

鶏もも肉 2枚(500g)
ししとうがらし 10本
ミニトマト 10コ
南蛮酢
しょうゆ・酒・砂糖・酢 各カップ1/2
赤とうがらし 4~6本
●塩・こしょう・サラダ油

 

 

鶏もも肉とししとうの焼き南蛮の作り方

1.鶏もも肉(2枚(500g))は皮にフォークで穴を開け、塩・こしょうを軽くふって5~10分間おきます。

※皮に穴をあけると焼き縮みしにくく、火の通りと味の入りもよくなる

-

2.ししとうは、包丁の先で縦に浅く切り目を入れます。

ミニトマト(10コ)はヘタを取り、十文字に切り目を入れます。

南蛮酢のしょうゆ・酒・砂糖・酢(各カップ1/2)、赤とうがらし(4~6本)は保存容器などに合わせておきます。

※トマトに十文字に切り目を入れることで、うまみの移りと味の入りがよくなる

-

3.フライパンにサラダ油適量を熱し、鶏肉を皮の方から中火で焼きます。こんがりと焼けたら上下を返し、同様に焼く(脂が多く出る場合は、紙タオルで拭き取る)。

フライパンから2の南蛮酢に移し、漬けます。

※焼きて余分な脂を落とすと冷蔵保存しても食べやすく

-

4.3のフライパンにししとうを入れ、焼き色がつくまで焼いたら3の南蛮酢に加えます。2のミニトマトも加えます。

そのまま30分間ほど漬けます。

-

5.鶏肉を食べやすく切り、ししとう、ミニトマトと一緒に器に盛り、鶏もも肉とししとうの焼き南蛮の完成。

●冷蔵庫で3日間保存可能。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

ししとうの人気レシピ

第1位

シンプルだけど箸が止まらない☆ししとうの焼き浸し♪

シンプルだけど箸が止まらない☆ししとうの焼き浸し♪

作り置きができるので、一度にたくさん作って、冷蔵庫に常備しています。お弁当の後1品というときにも、便利につかえます。 つくレポお待ちしてま~す(^-^*)/

第2位

豚肉でパワ~UP!サムギョプサル

豚肉でパワ~UP!サムギョプサル

疲れた身体にビタミン補給、豚肉ににんにくでスタミナUP!韓国風の焼肉サムギョプサルです。

第3位

めんつゆで簡単♪茄子とししとうの揚げ浸し

めんつゆで簡単♪茄子とししとうの揚げ浸し

めんつゆに揚げた野菜を浸けるだけ!油を吸ってとろりとした茄子が絶品!揚げたてでも、冷やして食べても美味しい!茄子が美味しい夏には必ず作る鉄板メニューです!

第4位

ししとうの豚肉大葉巻き

ししとうの豚肉大葉巻き

とっても美味しくておつまみや、ご飯のおかずにも。 ししとう嫌いの方でも食べられちゃうかも。

このページの先頭へ