鶏むね肉のシーザーサラダ

スポンサーリンク

鶏むね肉のシーザーサラダ

料理名 鶏むね肉のシーザーサラダ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 大宮勝雄
放送局 NHK
放送日 2016年9月1日(木)

 

しっとり柔らかな食感

【ザ・ミーツの肉グルメ】のシリーズで今回は新・肉サラダということで2品を紹介していました。ここでは、「鶏むね肉のシーザーサラダ」の作り方になります。鶏胸肉をこまめに返しながら火を入れるところがポイント!しっとり柔らかな食感が楽しめる、味わい豊かなサラダです。

スポンサーリンク

鶏むね肉のシーザーサラダの材料(2人分)

 

鶏むね肉 1枚(160g)
ベーコン(薄切り) 4枚
ロメインレタス 1/2コ(200g)
ドレッシング(つくりやすい分量)
卵黄 1コ分
アンチョビ(フィレ/刻む) 4枚(15g)
パルメザンチーズ 15g
マスタード 小さじ1強
白ワインビネガー 大さじ1
レモン汁 小さじ2
ウスターソース(あれば辛口タイプ) 小さじ1強
こしょう 少々
オリーブ油 カップ1
フライパン 適量
にんにく 適量
パルメザンチーズ・パセリ(みじん切り) 各適量
●塩・こしょう・小麦粉・サラダ油・バター

 

 

鶏むね肉のシーザーサラダの作り方

1.鶏むね肉(1枚(160g))はあれば皮を取り除き、肉の厚みをそろえる。両面に塩小さじ1/2とこしょう(少々)少々をふり、小麦粉少々をまぶします。

※小麦粉をなじませ肉のうまみをとじ込める

-

2.フライパン(適量)にサラダ油大さじ2とバター10gを入れて弱火にかけ、鶏肉を入れます。フツフツと泡立ってきたらさらに火を弱め、鶏肉に色がつかないように、こまめに返しながら5分間ほど焼きます。

表面に火が通ったら火を止め、余熱を利用して、こまめに返しながら火を入れます。鶏肉がふっくらしたら指で押さえ、弾力があればでき上がり。

CIMG8972

※何度も返して焼きめを付けないように焼く

-

3.別のフライパンにベーコン(薄切り 4枚)を並べて強火で熱し、カリカリに焼きます。

-

4.フライパンは薄切りにし、3のフライパンで軽く焼き色がつくまで焼きます。粗熱が取れたら、表面に浅く切り目を入れたにんにく(適量)をこすりつけます。

-

5.4のにんにくでボウルの底面をこすりつけます。ドレッシングの卵黄(1コ分)、アンチョビ(フィレ/刻む 4枚(15g))、パルメザンチーズ(15g)、マスタード(小1強)、白ワインビネガー(大1)、レモン汁(小2)、ウスターソース(あれば辛口タイプ 小1強)、こしょうを入れて混ぜ、オリーブ油(カップ1)を少量ずつ加えながらしっかり混ぜ合わせます。

※にんにくをボウルにこすりつけて香りを移す

※分離しないよう少量ずつ加えながら混ぜる

●アンチョビの漬け油も少々使用する

-

6.2の鶏肉は斜め薄切りにし、3のベーコンは斜め半分に切ります。ロメインレタス(1/2コ(200g))は軸から外して5をからめて器に盛り、鶏肉とベーコンを交互に並べます。4のパンを添え、パルメザンチーズとパセリをふり、鶏むね肉のシーザーサラダの完成。

CIMG8975


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ