鶏の照り焼き

スポンサーリンク

鶏の照り焼き

料理名 鶏の照り焼き
番組名 NHKきょうの料理
料理人 土井善晴
放送局 NHK
放送日 2017年12月12日(火)

 

正月料理

「正月料理」というテーマで、料理1品を紹介。ここでは、「鶏の照り焼き」の作り方になります。

わが家のおせち料理に欠かせない、鶏の照り焼き。子どもの頃から、お弁当にもよく入っていたものです。つくり方は同じですが、お正月の照り焼きは丁寧に薄く切ること。これだけで別物になるのです。

スポンサーリンク

鶏の照り焼きの材料(つくりやすい分量)

 

鶏もも肉 2枚(1枚約300g)
照りじょうゆ
しょうゆ 大さじ5
みりん 大さじ3
砂糖 大さじ1
●サラダ油

 

 

鶏の照り焼きの作り方

1.鶏肉は余分な脂を切り取ります。

2.フライパンにサラダ油大さじ1/2を入れて温め、1を皮側を下にして並べ入れて焼きます。

中火で皮側をきれいな焼き色をつけ、裏返します。

 

 

3.フライパンにたまった油を紙タオルで拭き取り、照りじょうゆの材料を回し入れてふたをします。

ごく弱火にして、10分間ほど蒸し焼きにします。

途中5分間ほど焼いたら一度裏返します。

 

 

4.ふたを取って火を強め、照りじょうゆを煮詰めます。

とろみがついた照りじょうゆを鶏肉にからめて照りをつけます。

 

 

 

5.網の上に取り出し、照りじょうゆをトロリとかけて冷まします。

保存容器に入れて冷蔵庫におき、翌日身がしまったら、できるだけ薄く切ります。

 


※保存

保存容器に入れ、冷蔵庫で3日間ほど。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ