鱈ちり

スポンサーリンク

鱈ちり

鱈ちり

料理名 鱈ちり
番組名 NHKきょうの料理
料理人 鈴木登紀子
放送局 NHK
放送日 2016年1月27日(水)

 

冬のごちそう「鱈(たら)」を使って

懐かしの名調子・名レシピシリーズ。ばぁばこと鈴木登紀子さんが、故郷・青森で、寒い日のごちそうだった「鱈(たら)ちり」の作り方をご紹介。1993年1月4日に放送された再放送です。すき昆布やしらたき、せり、根菜類などタラだけでなく、野菜をたっぷりといただける体を温める鍋レシピ。

スポンサーリンク

鱈ちりの材料(作りやすい量)

 

生だら 6切れ
大根 600g
にんじん 100g
白菜 1/5コ
ねぎ 3本
すき昆布 1/2枚
しらたき 1袋
絹ごし豆腐 1丁
せり 1ワ
だし カップ12
もみじおろし 適宜
だいだいの搾り汁 適宜
少々
(A)
大さじ3
大さじ1+1/2
うす口しょうゆ 大さじ2

 

 

鱈ちりの作り方

1.生だら(6切れ)はざるに並べて塩(少々)をふり、2~3時間おいて身をしめる。

大根(600g)・にんじん(100g)は3~4cm長さのせん切りにする。にんじんの一部は輪切りにして梅型で抜く。

白菜(1/5コ)は葉先と軸に分けて細切りにする。ねぎ(3本)は斜め切りにする。

すき昆布(1/2枚)は水でよく洗い、約5分間水につけて戻す。しらたき(1袋)は水からゆではじめ、沸騰して約5分間ゆでて水にとる。よくさらしてから水けをきり、食べやすく包丁を入れる。

絹ごし豆腐(1丁)は食べやすい大きさに切る。せり(1ワ)は水で十分に洗い、食べやすい長さに切る。

-

鱈ちり2.土鍋にだし(カップ12)を入れて煮立て、Aの酒(大3)、塩(大1+1/2)、うす口しょうゆ(大2)を加えて味を調える。大根、にんじん、白菜を入れてふたをする。

火が通ったら、たら、しらたき、すき昆布、豆腐、ねぎ、せりを適量ずつ加える。

-

鱈ちり3.煮えたところから器に取り分けて、鱈ちりの完成。好みで、もみじおろし(適宜)やだいだいの汁などを添えていただく。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ