鯛めし

スポンサーリンク

鯛めし

鯛めし

料理名 鯛めし
番組名 きょうの料理
料理人 栗原 はるみ
放送局 NHK
放送日 2016年4月14日(木)

 

豪華ですが作り方はシンプル

【栗原はるみの定番ごはん】というテーマで、栗原 はるみさんが「鯛めし」と「たけのこのごま汁」の2品を紹介。ここでは、「鯛めし」の作り方になります。見た目が豪華ですが、作り方はシンプル。鯛は中までじっくり焼かずに、たいの表面を焼き香ばしさを出して、お米と合わせて炊き上げます。今回、体長25cmほどの鯛を使いますが、切り身でも作れます。合わせて紹介の「たけのこのごま汁」とも好相性です。

スポンサーリンク

鯛めしの材料(4人分)

 

たい 1匹(300~400g)
400ml(カップ2)
昆布 1枚(10×5cm)
漬物 適宜
適宜
A
うす口しょうゆ 大さじ1
大さじ1
みりん 大さじ1

 

 

鯛めしの作り方

1、昆布(1枚(10×5cm))は固く絞ったぬれ布巾できれいに拭き、約カップ2の水につけて30分間ほどおく。

-

2、米(400ml(カップ2))はといでざるに上げ、約15分間おく。

-

3、たい(1匹(300~400g))は両面に塩をふる(塩の量は両面で小さじ1を使う)。

●たいは体長25cmほどで、ウロコと内臓を取ったもの。切り身2切れでもよい。

※塩はたいの両面にしっかりと

-

鯛めし4、熱した焼き網で、3のたいを両面に焼き色がつくまで焼く。

※表面を焼き、香ばしさを出す。

-

5、混ぜ合わせたAのうす口しょうゆ(大1)、酒(大1)、みりん(大1)に、1の昆布だしを加えてカップ2にする。好みで塩(小1/2)を加えて混ぜ、味を調える。

-

鯛めし6、土鍋に2の米を入れ、中央に1の昆布を置き、4のたいをのせる。5を注いでふたをし、強火にかける。

-

7、ふたを取って沸騰したことを確かめてから、弱火にし約10分間炊く。最後の30秒~1分間を強火にし、火を止めて約10分間蒸らす。

※最後に30秒ほど強火にしおこげをつくる。

-

鯛めし8、ふたを取って昆布を取り出し、たいの骨を丁寧に除く。たいの身をほぐしながらしゃもじでサックリと混ぜ、器に盛り鯛めしの完成。好みで漬物(適宜)を添える。

≪合わせて紹介≫

「たけのこのごま汁」レシピはこちら

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

鯛の人気レシピ

第1位

鯛のポワレ レモンバターソース

鯛のポワレ レモンバターソース

フライパンでオイルを回しかけながら焼いていく「アロゼ」という手法を使います。 皮はパリッと、身はふわっと仕上がります。 ソースはレモンでさっぱりと。

第2位

炊飯器に鯛を丸ごとはダメ!美味しい鯛飯を炊くコツ!

炊飯器に鯛を丸ごとはダメ!美味しい鯛飯を炊くコツ!

鯛を丸ごと入れると、お米の循環を妨げて美味しく炊けません。 鯛の旨味をめっぱい引き出して、家庭でも簡単に出来る、失敗しない美味しい鯛飯レシピのコツをご紹介~!

第3位

基本!本格!おもてなし料理和食♪祝い鯛♪鯛の姿焼き

基本!本格!おもてなし料理和食♪祝い鯛♪鯛の姿焼き

しっぽがピンとあがっって、身がうねった料亭風の鯛の塩焼き。アジの塩焼きと同じ基本で焼いていきます。オーブンで焼くと一度に沢山、しかも綺麗にほっといても焼けます。

第4位

簡単なのに絶品♪白身魚deアクアパッツァ

簡単なのに絶品♪白身魚deアクアパッツァ

イタリア風魚の煮物です。簡単に作れるのに魚の骨やあさりからいいお出汁が出て最高に美味しく魚が食べられます。見栄えもするのでおもてなしにも♪

このページの先頭へ