魚のみそ漬け

スポンサーリンク

魚のみそ漬け

魚のみそ漬け

料理名 魚のみそ漬け
番組名 NHKきょうの料理
料理人 大原千鶴
放送局 NHK
放送日 2017年2月16日(木)

 

みそ漬けでしっとり柔らか

「大原千鶴の季節のやさしい手仕事」というテーマで、今回は白みそにみりんを加えたお手軽な「みそ床」にさまざまな食材を漬け込んだ「みそ漬け」料理4品を紹介していました。ここでは、「魚のみそ漬け」の作り方になります。みそ漬けにすることで、パサつかずしっとり柔らかに仕上がります。

スポンサーリンク

魚のみそ漬けの材料(つくりやすい分量)

 

さわら(切り身) 6切れ
A
白みそ 400g
みりん 大さじ2~4
紅しょうが 適宜
●塩・みりん

 

 

魚のみそ漬けの作り方

1.さわら(切り身 6切れ)は両面に塩小さじ1をふり、30分間以上おきます。水けをよく拭き取ります。

※水けを拭き取ることで、魚のくせが抑えられる。

-

2.ボウルにAの白みそ(400g)・みりん(大さじ2~4)を入れ、ゴムべらでよく混ぜ合わせます。保存容器に半量を入れてならします。その上にガーゼを敷いてさわらをのせ、ガーゼで覆います。Aの残りを平らにのせてふたをし、冷蔵庫に入れて3日~1週間おきます(みそ床が少し水っぽくなっていれば漬かっている目安)。

魚のみそ漬け

-

3.さわらをみそ床から取り出し、魚焼きグリルの弱火で、焦げつかないように注意しながら焼きます。仕上げにはけでみりん(大2~4)少々を塗ると、照りが出てきれいに仕上がります。

魚のみそ漬け

-

4.器に盛り、好みで紅しょうが(適宜)を添えます。

魚のみそ漬け

●漬け上がってすぐに食べないときは、魚をみそ床から取り出してラップで包み、冷凍庫で保存します。解凍してから焼きます。約1か月間保存可能。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ