食べれば北京ダック

スポンサーリンク

食べれば北京ダック

食べれば北京ダック

料理名 食べれば北京ダック
番組名 きょうの料理
料理人 平野 レミ
放送局 NHK
放送日 2016年5月2日(月)

 

春巻の皮を使って鶏肉で北京ダック

【キッチン・ド・レミ】というテーマで、料理品を紹介。ここでは、「食べれば北京ダック」の作り方になります。底が平らな鍋に水を入れておもしにして、フライパンに皮が密着してパリッと焼き上げるところがポイント!春巻の皮に鶏肉と野菜を巻いていただきましょう。平野レミ流は、たれ多めで五香粉をパラリがおすすめ。ピリッとした香りに甘~い香りがブレンドされた中国のミックススパイス「五香粉(ウーシャンフェン)」をタレに加えて、家庭料理に高級感を!

スポンサーリンク

食べれば北京ダックの材料(3~4人分)

 

春巻の皮 (市販/小)8~10枚
鶏もも肉 (大)1枚(400g)
きゅうり 1本
ねぎ 1/2本
香菜(シャンツァイ) 1/2ワ
A
はちみつ 大さじ2
甜麺醤(テンメンジャン) 大さじ1
しょうゆ 小さじ1
五香粉(ウーシャンフェン) 8ふり
少々
こしょう 少々
少々
ごま油 大さじ1

 

 

食べれば北京ダックの作り方

1、鶏もも肉((大)1枚(400g))は室温に戻し、余分な脂肪を除いて筋を切る。皮側を包丁で数か所突いて切り目を入れ、塩・こしょう・酒(各少々)をふる。

-

食べれば北京ダック2、フライパンにごま油(大1)を弱めの中火で熱し、1の皮側を下にして入れる。アルミ箔をかぶせておもしをのせ、7分間ほど焼く。

しっかり焼き目がついたら、おもしを外して紙タオルなどで脂を拭き、裏返して2分間ほど焼く。

※おもしをして焼くと皮がパリッと焼ける。

-

3、きゅうり(1本)はヘタを除いて、5cm長さのせん切りにする。ねぎ(1/2本)は5cm長さに切って縦に切り目を入れ、芯を除いてせん切りにする。春巻の皮((市販/小)8~10枚)は半分に切って1枚ずつたたむ。

※春巻きの皮をそのまま使う

-

食べれば北京ダック4、Aの

はちみつ 大さじ2
甜麺醤(テンメンジャン) 大さじ1
しょうゆ 小さじ1
五香粉(ウーシャンフェン) 8ふり

を混ぜ合わせ、たれをつくる。

-

食べれば北京ダック5、2の皮を下にして食べやすく切り、器に盛って、4のたれを適量ずつ塗る。3と香菜(シャンツァイ 1/2ワ)を盛り合わせ、たれと五香粉(ウーシャンフェン 分量外)を添えて、食べれば北京ダックの完成。

-

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ