食べれば串カツ

スポンサーリンク

食べれば串カツ

食べれば串カツ

料理名 食べれば串カツ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 平野レミ
放送局 NHK
放送日 2016年5月2日(月)

 

串を使わない食べれば串カツ

【キッチン・ド・レミ】というテーマで、平野 レミさんが料理3品を紹介。ここでは、「食べれば串カツ」の作り方になります。本来は竹串に肉、ねぎ、肉の順で刺して揚げますが、今回はその面倒を省いて、食材を小さく丸めて揚げます。ウスターソースでもおいしくいただけますが、今回はウスターソースに豚カツソースやトマトケチャップなどを加えて、ひと工夫ありの平野レミ流のソースをつけて串カツの味に。

スポンサーリンク

食べれば串カツの材料(2人分)

 

豚もも肉(薄切り) 100g
ねぎ 1/2本(50g)
A
小麦粉 大さじ4
大さじ2
塩・こしょう 各少々
ソース
ウスターソース 大さじ2
大さじ1
豚カツソース・トマトケチャップ・砂糖 各小さじ1
しょうゆ 小さじ1/2
パン粉 適量
トマト 1/2コ
キャベツ 2/3枚
レモン(くし形に切る) 適量
練りがらし 適量
●揚げ油

 

 

食べれば串カツの作り方

1.豚もも肉(薄切り 100g)は1cm幅に切る。ねぎ(1/2本(50g))は3mm幅の小口切りにする。

-

2.トマト(1/2コ)はヘタを除いてくし形に切る。キャベツ(2/3枚)は食べやすくちぎる。

-

3.耐熱ボウルにソースのウスターソース(大2)、水(大1)、豚カツソース・トマトケチャップ・砂糖(各小1)、しょうゆ(小1/2)を混ぜ合わせ、ラップをせずに電子レンジ(600W)に30秒間かける。

-

4.パン粉(適量)は目の粗いざるを通して細かくする。

-

食べれば串カツ5.ボウルにAの小麦粉(大4)、水(大2)、塩・こしょう(各少々)を入れてよく混ぜ、1の豚肉とねぎを加えて混ぜ合わせる。

-

食べれば串カツ一口大(12~13等分)に丸めて4をまぶし、170℃に熱した揚げ油できつね色になるまで揚げる。

-

食べれば串カツ6.2とともに5を器に盛り、レモン(くし形に切る 適量)と3のソース、練りがらし(適量)を添えて、食べれば串カツの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

串カツの人気レシピ

第1位

豚こまで! ★ 節約串かつ ★

豚こまで! ★ 節約串かつ ★

こま肉を使っているようには見えません! ちぎりキャベツを添えれば、気分は串かつ屋さん♪(レシピby@M)

第2位

じゃがいもの串カツ

じゃがいもの串カツ

先に茹でておくのがポイントです

第3位

新たまねぎとウインナーの“串カツ”

新たまねぎとウインナーの“串カツ”

新玉ねぎって、どんな料理にしても甘くておいしいですね♪ 今日は串カツ~…豚肉がなかったのでウインナーを刺しちゃいました~(^o^)

第4位

串カツ5種盛り

串カツ5種盛り

面倒ですが串にさすとお店気分が味わえますよ

このページの先頭へ