食べればショーロンポー

スポンサーリンク

食べればショーロンポー

食べればショーロンポー

料理名 食べればショーロンポー
番組名 NHKきょうの料理
料理人 平野レミ
放送局 NHK
放送日 2016年5月2日(月)

 

器に使って気軽に小龍包(ショーロンポー)

【キッチン・ド・レミ】というテーマで、平野 レミさんが料理3品を紹介。ここでは、「食べればショーロンポー」の作り方になります。
肉だねを皮に包んでスープを美味しくいただく小龍包(ショーロンポー)を、包まずにワンタンの皮を使って、気軽に作るレシピです。器を使って心おきなくスープを飲み干せます。肉だねの豚ばら肉は完全なペースト状にしないで、肉の食感を程よく残す程度にするところがポイントです。

スポンサーリンク

食べればショーロンポーの材料(2人分)

 

ワンタンの皮(市販) 4枚
豚バラ肉(薄切り) 80枚
たまねぎ (小)1/4コ(40g)
しょうが 1かけ
にんにく 1/2かけ
A
ごま油・紹興酒 各小さじ2
塩・こしょう 各少々
鶏がらスープ 160ml
香菜(ザク切り) 適量
しょうが(せん切り) 適量
黒酢 適量
●しょうゆ

 

 

食べればショーロンポーの作り方

1.たまねぎ((小)1/4コ(40g))は2~3cm角、しょうが(1かけ)は薄切りにする。にんにく(1/2かけ)とともにフードプロセッサーでみじん切りにする。

食べればショーロンポー2.豚バラ肉(薄切り 80枚)を3~4等分に切って1に加え、軽くかくはんして粗びきにする。Aのごま油・紹興酒(各小2)、塩・こしょう(各少々)、鶏がらスープ(160ml)を加えて軽く混ぜ、全体をなじませる。

※軽く混ぜて肉の食感を程よく残す

食べればショーロンポー3.直径10cmほどの耐熱容器2コに、半分の高さまで2を入れ、ワンタンの皮(市販 4枚)を1枚ずつのせる。さらに2の残りを等分にのせ、ワンタンの皮を1枚ずつかぶせる。

※器に使ってたっぷりスープを味わう

4.蒸気の上がった蒸し器で10~15分間蒸す。

食べればショーロンポー5.香菜(ザク切り 適量)、しょうがを適量ずつのせる。たれ用の器に黒酢(適量)としょうゆ、しょうが(せん切り 適量)を適量ずつ合わせて添え、食べればショーロンポーの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ