里芋の煮っころがし

スポンサーリンク

里芋の煮っころがし

里芋の煮っころがし

料理名 里芋の煮っころがし
番組名 きょうの料理
料理人 土井 善晴
放送局 NHK
放送日 2015年10月5日(月)

 

コロコロ、とろっと

【土井善晴 食卓二十四節気】シリーズから、「里芋の煮っころがし」の作り方の紹介です。里芋の皮はスポンジとテーブルナイフで、簡単にこそげ取れます。また炒めることで、ツヤよく油のうまみも加わるので、炒めてから煮て、味つけをしましょう。

スポンサーリンク

里芋の煮っころがしの材料(つくりやすい分量)

 

里芋 (中)7~8コ(500g)
サラダ油 大さじ1
しょうゆ 大さじ2
A
カップ2
カップ1/2
砂糖 大さじ2

 

 

里芋の煮っころがしの作り方

1、里芋((中)7~8コ(500g))は目の粗いスポンジでこすって皮をむき(残るようだったら包丁でこそげる)、なり口を切る。

※里芋の皮はスポンジとテーブルナイフでこそげ取る

 

-

里芋の煮っころがし2、鍋にサラダ油(大1)を熱して里芋を炒め、油となじませる。

※炒めることで、ツヤよく油のうまみも加わる

-

里芋の煮っころがし3、鍋にAの水(カップ2)と酒(カップ1/2)を入れ、沸騰したら砂糖(大2)を加える。

 

-

4、落としぶたをして、中火で10分間ほど煮たらしょうゆ(大2)を加え、さらに8分間ほど煮る。

 

-

5、竹串を刺してみて柔らかく煮えていたら強火にし、煮汁を煮詰めていく。煮汁がトロリとしたら、からめながら仕上げる。

※強火で煮汁を煮詰める

-

里芋の煮っころがし6、器に盛り、里芋の煮っころがしの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ