里芋といかの煮物

スポンサーリンク

里芋といかの煮物

里芋といかの煮物

料理名 里芋といかの煮物
番組名 NHKきょうの料理
料理人 松田美智子
放送局 NHK
放送日 2017年9月13日(水)

 

里芋といかの定番煮物

秋の旬の食材を使ったレシピを3日にわたり紹介。今回は「いも」を使った料理から、ここでは、「里芋といかの煮物」の作り方になります。里芋といかを煮た定番煮物。シンプルな材料でおいしく仕上げます。

スポンサーリンク

里芋といかの煮物の材料(4人分)

 

里芋 500g
するめいか 1ぱい
だし カップ2
しょうが(せん切り) 10g
三温糖 適量
●酒・うす口しょうゆ

 

 

里芋といかの煮物の作り方

1.里芋(500g)は傷つかないように気をつけながら、目の粗いスポンジなどでこすって流水で洗います。

 

-

2.盆ざるにのせて乾かします。

-

3.里芋の下から上に向かって、包丁で縦に皮をむきます。残った小さな汚れは紙タオルで取り除きます。

 

-

4.するめいか(1ぱい)は胴と足がつながっている部分を外し、ワタごと足をゆっくり引き抜き胴の中の軟骨を外します。胴の中を水で洗い、エンペラごと1cm幅に切ります。足に付いている口と目を切り離します。足は先端を切り落とし、吸盤をしごくようにして水で洗います。2本ずつ切り離し、食べやすい大きさに切りそろえます。

-

5.土鍋または厚手の鍋にだし(カップ2)、しょうが(せん切り 10g)、里芋を入れ、強火にかけます。酒大さじ3、三温糖大さじ1を加えて厚手の紙タオル(不織布タイプ)をのせ、鍋のふたをします。沸騰したら弱火にし、途中で味をみて三温糖大さじ1を加えます。

里芋といかの煮物

-

6.里芋が柔らかくなったら火を止め、そのまま粗熱を取ります。再び弱火にかけ、紙タオルを外していかの胴、足、うす口しょうゆ大さじ1と1/2を加え、再び紙タオルをのせます。いかに火が通ったら火を止めます。

里芋といかの煮物

-

7.里芋といかの煮物の完成。

里芋といかの煮物


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ