赤身ビフカツ

スポンサーリンク

赤身ビフカツ

赤身ビフカツ

料理名 赤身ビフカツ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 塩田 ノア
放送局 NHK
放送日 2015年11月10日(火)

 

2種類のソースで軽やかさアップ

【ヘルシー肉で軽やか洋食】というテーマで「赤身ビフカツ」の作り方の紹介です。ステーキ用の赤身肉を軽くたたいてのばします。衣には卵を使わずに、少しの油で揚げ焼きにするので、簡単&ヘルシー!しょうがと酢でさっぱりとした味わいのしょうが酢みそと粒マスタードの酸味のきいた2種類のソースで軽やかさアップのビフカツレシピ。

スポンサーリンク

赤身ビフカツの材料(2人分)

 

牛赤身肉(ステーキ用) 2枚(180g)
パン粉 適量
キャベツ 3枚(100g)
塩・こしょう 各少々
小麦粉 大さじ2
サラダ油 適量
しょうが酢みそ
みそ 50g
みりん 小さじ2
砂糖 小さじ2
小さじ2
しょうが(すりおろす) 小さじ1
マスタードしょうゆ
粒マスタード 大さじ1
砂糖 1つまみ
しょうゆ 小さじ2
小さじ1

 

 

赤身ビフカツの作り方

赤身ビフカツ1.牛赤身肉(ステーキ用 2枚(180g))は軽くたたき、塩・こしょう(各少々)を全体にふる。

※肉はたたくことで柔らかくなる

-

2.小麦粉(大2)を水(大2)で溶いたものを1の両面に塗り、パン粉(適量)をまぶす。

※衣に卵を使わずヘルシーに

-

赤身ビフカツ3.フライパンを中火にかけ、サラダ油(適量)を1.5cmほどの高さまで注ぐ。油が温まったら2を入れて揚げ焼きにする。

-

4.キャベツ(3枚(100g))は食べやすい大きさに切り、塩(少々)を入れた熱湯でゆでる。柔らかくなったらざるに上げ、水けをきる。

-

赤身ビフカツ5.皿に牛肉とキャベツを盛る。みそ(50g)、みりん(小2)、砂糖(小2)、酢(小2)、しょうが(すりおろす 小1)を合わせたしょうが酢みそ、粒マスタード(大1)、砂糖(1つまみ)、しょうゆ(小2)、水(小1)を混ぜ合わせたマスタードしょうゆを添えて、赤身ビフカツの完成。

※しょうがと酢でさっぱりと!


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ