豚肉と野菜のギョーザ

スポンサーリンク

豚肉と野菜のギョーザ

豚肉と野菜のギョーザ

料理名 豚肉と野菜のギョーザ
番組名 きょうの料理
料理人 栗原 はるみ
放送局 NHK
放送日 2015年1月15日(木)

 

野菜たっぷりの餃子を羽根つきで

【栗原はるみのふたりの週末ごはん】シリーズより、一緒につくれば楽しい!おいしい!ギョーザということで、栗原はるみさんが「豚肉と野菜のギョーザ」の作り方を紹介していました。ニラ、そしてキャベツ、ほかに白菜も加えた野菜たっぷりの餃子です。

スポンサーリンク

豚肉と野菜のギョーザの材料(24コ分)

 

キャベツ 2~3枚(正味150g)
白菜 2~3枚(正味150g)
にら 50g
にんにく (みじん切り)大さじ1
豚ひき肉 (脂の多い部分)150g
スープ 大さじ1
紹興酒 大さじ1
ギョーザの皮 (市販)1袋(24枚)
薬味(せん切りしょうが、香菜など) 適量
たれ(酢、黒酢、ラーユ、豆板醤、しょうゆなど) 適量
小さじ1+1/2
ごま油 大さじ1/2
こしょう 少々
小麦粉 小さじ1
サラダ油 少々

 

 

豚肉と野菜のギョーザの作り方

豚肉と野菜のギョーザ1、キャベツ(2~3枚(正味150g))、白菜(2~3枚(正味150g))はそれぞれ3~4mm四方に切る。

 

-

豚肉と野菜のギョーザ2、1をボウルに入れ、塩(小1+1/2)をまぶして約10分間おく。

-

豚肉と野菜のギョーザしんなりしたらさらしなどで包み、水けをしっかり絞る。

 

-

豚肉と野菜のギョーザ3、にら(50g)は細かいみじん切りにする。

 

-

豚肉と野菜のギョーザ4、小さめのフライパンにごま油(大1/2)を熱し、にんにく((みじん切り)大1)を入れて焦がさないようによく炒める。香りが出て少し色づいたら火を止め、粗熱を取る。

※ニンニクはあらかじめ炒める。このひと手間で、風味がアップ!

 

-

豚肉と野菜のギョーザ5、ボウルに豚ひき肉((脂の多い部分)150g)を入れ、ペースト状スープの素(中国風) 小さじ1を湯大さじ1で溶き冷ましたスープ(大1)と紹興酒(大1)を加えてよく混ぜる。

-

豚肉と野菜のギョーザ4のにんにくを油ごと加えてさらによく混ぜてから、2、3の野菜を加えて混ぜる。

-

豚肉と野菜のギョーザ塩(少々)・こしょう(少々)を加えて味を調え、時間があれば30分間以上おいて味をなじませる。

 

-

豚肉と野菜のギョーザ6、水(カップ1/2)に小麦粉(小1)を加えてよく混ぜ、羽根用の液をつくる。

 

-

豚肉と野菜のギョーザ7、ギョーザの皮((市販)1袋(24枚))に5の肉ダネを約大さじ1のせ、縁に水をつけ、ひだを寄せながら閉じ合わせて包む。24コつくる。

 

-

豚肉と野菜のギョーザ8、小さめのフライパンにサラダ油(少々)を中火で熱し、ギョーザの半量を円形に並べる。

-

豚肉と野菜のギョーザ少し焼いたら縁から6の羽根用の液(半量)を回し入れ、ふたをして弱めの中火で3分30秒~4分間蒸し焼きにする。

 

-

豚肉と野菜のギョーザ9、水分がほとんどなくなったら、ふたを取ってごま油を(適量)回しかける。中火にして表面がパリッとするまで焼く。

 

-

豚肉と野菜のギョーザフライパンに皿を重ねて裏返し、盛り付けて豚肉と野菜のギョーザの完成。残りのギョーザも同様に焼く。

好みの薬味(せん切りしょうが、香菜など 適量 )、たれ(酢、黒酢、ラーユ、豆板醤、しょうゆなど 適量)をつけて食べる。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ