豚カツ

スポンサーリンク

 

豚カツ

豚カツ

番組名 きょうの料理
 講師  清水信子
放送局 NHK
放送日 2014年6月17日(火)

 

 

 

 

火加減の調節がおいしさの命

比較的低い温度で揚げ、余熱で火を通しジューシーな仕上がりにしていきます。さらに油切れをよくする方法も!

材料(2人分)

豚ロース肉 2枚(250g)
キャベツ(せん切り) 適量
豚カツソース 適量
溶きがらし 適宜
塩・こしょう・揚げ油 適量

【衣】

小麦粉 適量
溶き卵 1/2コ
生パン粉 適量

スポンサーリンク

作り方

1、準備

豚カツまず、豚ロース肉2枚(250g)を用意します。常温に戻しておくと火の通りが早いです。

この豚ロースに、筋切りを入れていきます。筋切りは、脂身と赤みの間に入れましょう。間隔は2~3センチおきです。筋切りを入れておくと、豚肉が縮まない効果があります。

筋切りしてから、肉たたきでたたきます。たたくことによって、肉が平らにやわらかくなります。

 

2、下味

豚カツ塩・コショウを各少々振りかけます。ちょっとした下味があるとおいしいですので、忘れないようにしましょう。

また、さきほどたたくことによって肉の形が崩れているので、少し手で整えておくといいでしょう。

3、小麦粉につける

豚カツ小麦粉を溶けていきます。どこにもムラがないように、きちんとつけます。

ムラができてしまうと、次の衣がはがれやすくなってしまいますので注意してください。

また、余分な粉ははたいておきましょう。

4、溶き卵(1/2コ)につける

豚カツこれも同じく、ムラが無いように注意してください。パン粉のつき具合に影響します。

5、パン粉につける

生パン粉を、上からかけるようにつけます。この場合生パン粉を使うのは、さくさくとした触感を出すため。理由は、生パン粉じたいにボリュームがあるからです。

乾燥パン粉もご使用になれます。乾燥パン粉は、揚げた時に油の吸い込みが少ないので、ヘルシーに仕上がります。

6、揚げる

豚カツ油の温度は160度~170度くらい。ちょっと低めに設定します。油に入れた直後はパン粉がはがれやすいので、あまり触らないで放置してください。

いい加減の色合いになったら、ひっくり返します。ごく弱火で5~6分間揚げます。あまり火を通しすぎるとジューシーさがなくなってしまうので、注意してください。

最後に余熱で火を通すようにすると、ジューシーに仕上がります。

まとめ

油から出す直前に、ちょっとだけ油の温度を上げてみてください。油切れがよくなり、よりジューシーになります。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ