親子丼

スポンサーリンク

親子丼

料理名 親子丼
番組名 NHKきょうの料理
料理人 栗原はるみ
放送局 NHK
放送日 2015年11月5日(木)

 

半熟ふわふわとろとろの親子丼

【栗原はるみの定番ごはん】シリーズでは、「さばのみそ煮」を紹介。白米と合わせかと思いきやガーリックトーストや「親子丼」と合わせていただくのも栗原はるみさん流でおすすめ!和風でまとめていただく時は、親子丼がおすすめの組み合わせだそうです。ジューシーな鶏肉とふわふわとろとろの卵の定番の丼ぶりレシピ。手早く煮るために、下準備は完ぺきにしておきましょう!

スポンサーリンク

親子丼の材料(2人分)

 

鶏もも肉 (小)1枚(200g)
たまねぎ 1/2コ(100g)
4コ
だし カップ1/2
みつば(2cm長さのザク切り) 適量
ご飯(温かいもの) 適量
七味とうがらし 適量
(A)
しょうゆ 大さじ3
砂糖 大さじ2
みりん 大さじ2

 

 

親子丼の作り方

1.たまねぎ(1/2コ(100g))は縦半分に切り、5~6mm幅の薄切りにする。鶏もも肉((小)1枚(200g))は余分な脂を除き、3cm角に切る。

2.だし(カップ1/2)とAのしょうゆ(大3)、砂糖(大2)、みりん(大2)を合わせ、砂糖が溶けるまで混ぜる。

3.卵(4コ)は別々の容器に2コずつ割り入れ、溶きほぐす(1人分で2コ使う)。

親子丼4.1人分ずつ煮る。親子丼用の鍋に2の半量を入れて中火で煮立てる。鶏肉の半量を加えて少し似たら、たまねぎの半量を加える。煮立ったら弱めの中火にし、ふたをして鶏肉に火が通るまで1~2分間煮る。

※鶏肉は、堅くならないように、火の通しすぎに気をつけましょう。

親子丼5.ふたを取って中火にし、溶き卵2/3量を回し入れてふたをする。約30秒間して卵が半熟状になったら、鍋の縁から残りの溶き卵を回し入れる。1分~1分30秒間煮てみつば(2cm長さのザク切り 適量)を加え、火を止める。ふたをして好みの加減に蒸らす。

※2回目に溶き卵を入れるときは、火の通りが早い鍋の縁に沿うように回し入れます。こうすると、分けて入れた卵が、むらなく半熟状に仕上がります。

親子丼6.器にご飯(温かいもの 適量)を盛り、鍋の縁からすべらせるように5をよそい、親子丼の完成(鍋の柄を持ち、軽く揺すっておくと、きれいによそえる)。もう1人分も同様につくる。好みで七味とうがらし(適量)を添える。

≪合わせて紹介のレシピ≫

「さばのみそ煮」 ⇒ レシピはこちら


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ