薬味ずし

スポンサーリンク

薬味ずし

薬味ずし

料理名 薬味ずし
番組名 きょうの料理
料理人 飛田 和緒
放送局 NHK
放送日 2015年5月18日(月)

 

実ざんしょうの塩漬けでお寿司を

【初夏の手仕事】ということで、旬の実ざんしょうを使ったレシピ5品を紹介していました。ここでは、「薬味ずし」の作り方の紹介になります。実ざんしょうの塩漬けを使って、香味野菜と混ぜた、爽やかな混ぜずしです。実ざんしょうはつぶして刻み、風味をしっかりとだすところが味のポイント!

スポンサーリンク

薬味ずしの材料(3~4人分)

 

360ml(2合)
実ざんしょうの塩漬け 小さじ2~3
きゅうり 1本
みょうが 1個
新しょうが 1かけ
ちくわ 1本
白ごま 大さじ1と1/2
青じそ(千切り) 5枚分
小さじ1/2
(すし酢)
カップ1/4
砂糖 大さじ3
小さじ1/3

 

 

薬味ずしの作り方

1、米(360ml(2合))は洗って炊飯器の内釜に入れ、2合分の水を注いで30分おいてから炊く。

すし酢(カップ1/4)の酢、砂糖(大3)、塩(小1/3 )を混ぜ合わせる。

-

2、実ざんしょうの塩漬け(小2~3)はサッと洗って水気をきる。包丁の腹で軽くつぶし、粗く刻む。

(一粒食べて塩辛い場合は、たっぷりの水に30分つけ塩抜きする)

●実ざんしょうの塩漬け⇒レシピはこちら

-

3、きゅうり(1本)は薄い輪切り、みょうが(1個)、新しょうが(1かけ)は千切りにしきゅうりと合わせて塩(小1/2)をまぶし10分間ほどおく。しんなりしたら水気をよく絞る。

ちくわ(1本)は縦半分に切り、小口から薄切りにする。

-

4、ご飯をボウルに移し、すし酢を回しかけて切るように混ぜ、うちわで軽くあおぎ、粗熱をとる。

-

薬味ずし5、4のすし飯に3の具材、白ごま(大1と1/2)、2の実ざんしょうを加えてさっくりと混ぜる。

-

薬味ずし6、器に盛り、青じそ(千切り 5枚分)を添えて、の完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ