菜の花と鶏肉の治部煮

スポンサーリンク

菜の花と鶏肉の治部煮

菜の花と鶏肉の治部煮

料理名 菜の花と鶏肉の治部煮
番組名 きょうの料理
料理人 大原 千鶴
放送局 NHK
放送日 2016年2月17日(水)

 

鶏肉と菜の花は相性抜群

【大原千鶴の野菜を味わう京ごはん】シリーズで、今月は「菜の花をおいしく食べつくす」ということで、菜の花を使った料理数品を大原千鶴さんが紹介。ここでは、「菜の花と鶏肉の治部煮」の作り方になります。相性抜群の鶏肉と菜の花に爽やかな柚子の皮をトッピング!生麩を合わせて、とろみのついた煮汁といただきます。

スポンサーリンク

菜の花と鶏肉の治部煮の材料(2人分)

 

菜の花 1/2ワ(100g)
鶏もも肉 1枚(300g)
ごま麩 6cm(80g)
だし カップ3/4
柚子の皮 (せん切り)少々
塩・こしょう 各少々
かたくり粉 適量
A
みりん 大さじ4
うす口しょうゆ 大さじ2+2/3

 

 

菜の花と鶏肉の治部煮の作り方

1、菜の花の下処理をする。菜の花(1/2ワ(100g))は塩(1つまみ)を入れた熱湯でサッと(約10秒間)ゆで、冷水にとって水けを絞る。茎の堅いところを除く。

※サッとゆでて歯ごたえを残す

※すぐ冷水につけて色鮮やかに

※水気をしっかり絞る

※たっぷり茹でた場合は、保存容器に入れて2~3日間冷蔵保存可能。ジッパー付きの保存袋に入れて冷凍庫で1カ月保存可能。

-

2、菜の花は食べやすい長さに切る。鶏もも肉(1枚(300g))は一口大のそぎ切りにし、塩・こしょう(各少々)をふり、かたくり粉(適量)を全体に薄くまぶす。ごま麩(6cm(80g))は1cm幅に切る。

●麩は好みの生麩でもよい。

-

菜の花と鶏肉の治部煮3、鍋にだし(カップ3/4)を入れて中火にかけ、沸騰したらAのみりん(大4)、うす口しょうゆ(大2+2/3)を加える。鶏肉、麩を並べ入れる。

-

菜の花と鶏肉の治部煮4、中火で3分間煮て、鶏肉に火が通ったら菜の花を加え、菜の花が温まったら火を止める。

※鶏肉の脂で菜の花の苦みを和らげる

-

菜の花と鶏肉の治部煮5、器に盛り、柚子の皮((せん切り)少々)をのせて、菜の花と鶏肉の治部煮の完成。

-

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ