絹さやとつくねの卵とじ

 

 

料理名 絹さやとつくねの卵とじ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 舘野鏡子
放送局 NHK
放送日 2017年2月27日(月)

 

彩りも春らしい簡単おかず

「春の定番に一工夫」というテーマで、舘野鏡子さんが春の旬食材を使って料理3品を紹介していました。ここでは、「絹さやとつくねの卵とじ」の作り方になります。歯ざわりのよい絹さやとフワフワのつくねを卵でとじた、やさしい一品。ひき肉のタネも溶き卵もゆるめにして煮汁に加えるのがポイント!

絹さやとつくねの卵とじの材料(2人分)

 

絹さや 50g
たまねぎ 100g
鶏ひき肉(もも) 100g
A
酒・みりん・水 各大さじ1
かたくり粉 小さじ1
少々
2コ
煮汁
だし カップ3/4
酒・みりん 各大さじ1
しょうゆ 小さじ1
砂糖 小さじ1弱
小さじ1/4

 

 

絹さやとつくねの卵とじの作り方

1.絹さや(50g)はヘタと筋を除き、大きければ斜めに半分に切ります。たまねぎ(100g)は6~7mm幅のくし形に切ります。

 

2.鶏ひき肉(もも 100g)をボウルに入れ、Aの酒・みりん・水(各大さじ1)・かたくり粉(小さじ1)・塩(少々)を加えて混ぜます。

 

3.フライパンに煮汁のだし カップ3/4、酒・みりん 各大さじ1、しょうゆ 小さじ1、砂糖 小さじ1弱、塩 小さじ1/4とたまねぎを入れて中火で煮立て、2を小さいスプーンでポトポトと落とします。弱めの中火にし、ふたをして3分間ほど煮て絹さやを加え、再びふたをしてさらに2~3分間に煮ます。

手で丸められないほどトロトロのタネなので、スプーンで小さめの一口大にすくって落とします。

4.卵(2コ)はボウルに割りほぐし、水大さじ2を加えて混ぜます。

 

5.3のふたを取って火をやや強め、煮立ったら4を回し入れ、半熟状になるまで火を通します。

6.絹さやとつくねの卵とじの完成。

このページの先頭へ