米粉のバナナマフィン

スポンサーリンク

米粉のバナナマフィン

米粉のバナナマフィン

料理名 米粉のバナナマフィン
番組名 NHKきょうの料理
料理人 白崎裕子
放送局 NHK
放送日 2016年5月23日(月)

 

ふんわりふわふわの口当たり

「アレルギーでも楽しめる米粉のカップケーキ」というテーマで、米粉で作るスイーツ3品を紹介。ここでは、「米粉のバナナマフィン」の作り方になります。バナナに豆乳やレモンなどを混ぜ合わせた生地で、ふんわりふわふわの口当たりに焼き上げます。

スポンサーリンク

米粉のバナナマフィンの材料(直径5.5cm、深さ3cmのマフィン型6コ分/連結タイプ)

 

A
米粉(製菓用) 100g
アーモンドプードル(またはコーンミール) 25g
ベーキングパウダー(アルミニウム・小麦粉不使用のもの) 小さじ1
重曹(食用) 小さじ1/2
B
バナナ(熟れすぎてないもの) 70g
レモン汁 20g
C
豆乳(無調整) 60g
なたね油(またはごま油<白>) 40g
てんさい糖(またはきび糖) 40g
1つまみ
飾り用のバナナ(輪切り) 6枚

 

 

米粉のバナナマフィンの作り方

 

つくる前にしておくこと

●マフィン型に同じくらいのサイズの耐熱・耐油の紙カップを敷き、型の表面になたね油(分量外)を薄く塗り、米粉(分量外)をふっておく。

●オーブンを180℃に温めておく。

-

1.ボウルにAの米粉(製菓用 100g)、アーモンドプードル(またはコーンミール 25g)、ベーキングパウダー(アルミニウム・小麦粉不使用のもの 小1)を入れ、重曹(食用 小1/2)を指でよくつぶして加え、泡立て器でよく混ぜる。

-

2.別のボウルにBのバナナ(熟れすぎてないもの 70g)、レモン汁 20gを入れてフォークでつぶし、1で使った泡立て器でバナナをつぶしながらよく混ぜる。

-

米粉のバナナマフィン3.2がなめらかになって、粘りが出たら、Cの豆乳(無調整 60g)、なたね油(またはごま油<白> 40g )、てんさい糖(またはきび糖 40g)、塩(1つまみ)を加える。てんさい糖が溶けて、乳化するまで、よく混ぜる。

※手早くしっかり混ぜることでふんわりした生地に!

-

米粉のバナナマフィン4.3に1を加え、泡立て器で手早く50回くらい混ぜる。すぐに連結タイプのマフィン型に入れ、飾り用のバナナ(輪切り 6枚)をのせる。180℃に温めたオーブンに入れて10分間、160℃に下げて15分間焼く。

-

米粉のバナナマフィン5.型ごと網にのせ、冷めるまでおく。完全に冷めたら、型から外す。

※温かいうちに型から外すと、生地がしぼんでしまうので注意。完全に冷めてから型から外すこと

※保存容器に入れて常温で約2日間。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ