簡単混ぜずし

スポンサーリンク

簡単混ぜずし

簡単混ぜずし

料理名 簡単混ぜずし
番組名 きょうの料理
料理人 飛田和緒
放送局 NHK
放送日 2016年6月13日(月)

 

ほんのり梅と風味やうまみをプラス

【毎日きちんとお弁当】というテーマで、料理3品を紹介。ここでは、「簡単混ぜずし」の作り方になります。梅干しを加えて炊き上げたご飯に、みょうがやちくわ、じゃこの風味やうまみをプラス!ご飯にほんのりと梅の色が移って、錦糸卵と青じその彩りがよい簡単混ぜずし。今回はお弁当箱に詰めます。

スポンサーリンク

簡単混ぜずしの材料(1人分)

 

梅干し入りご飯 (温かいもの)茶碗2杯分
すし酢 小さじ2~3
ちくわ (小)1/2本(15g)
薄焼き卵 1/2枚
みょうが 1コ
新しょうが 10g
青じそ 2枚
ちりめんじゃこ 5g
すし酢(約カップ1/2分)
カップ1/2
砂糖 カップ1/2
小さじ1/2
薄焼き卵(5~6枚分)
2コ
砂糖 小さじ1
サラダ油 少々

 

 

簡単混ぜずしの作り方

簡単混ぜずし1. ご飯に梅干しを入れて炊く。米360ml(2合)につき、梅干し(1コ)を入れて普通に炊く。

2.すし酢をつくる。酢(カップ1/2)に砂糖(カップ1/2)、塩(小1/2)を加えて溶けるまでよく混ぜる。清潔な保存瓶に入れる。

※常温で約1か月間保存できる。

3.薄焼き卵をつくる。卵(2コ)は割りほぐし、砂糖(小1)を加えて混ぜる。

小さめのフライパンにサラダ油(少々)を中火で熱してなじませ、卵液を1/6~1/5量流して薄く広げる。

表面が乾いてきたら返し、サッと焼く。ざるに取り出して冷ます。残りの卵液も同様に焼き、冷ます。

※2枚くらいずつ重ねて手前側からゆるく巻き、ラップで包む。ジッパー付きの保存袋に入れ、冷凍庫へ。約2週間保存可能。使うときは電子レンジ(600W)に約20秒間かけて解凍。

4、ちくわ((小)1/2本(15g))は薄い輪切りにし、3の薄焼き卵(1/2枚)はせん切りにする(錦糸卵)。みょうが(1コ)は小口切り、新しょうが(10g)と青じそ(2枚)はせん切りにし、それぞれ水にさらして水けをきる。

5、1の炊き上がったご飯は、梅干しをほぐしながら、全体をサックリと混ぜボウルに移し、2のすし酢(小2~3)を加え、しゃもじで切るように混ぜ合わせる。

みょうが、新しょうがを加えて混ぜる。

※梅干しと酢でダブルの防腐対策!

簡単混ぜずし6、粗熱が取れたら、ちりめんじゃこ(5g)、ちくわを加えて混ぜる。

※風味やうまみのある具を使って手軽に!

2016-06-14 12.42.557、器に盛り、錦糸卵、青じそを散らして、簡単混ぜずしの完成。

≪合わせて紹介≫

「ささ身のごま焼き」 ⇒ レシピはこちら
「スナップえんどうのおひたし」 ⇒ レシピはこちら

 

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ