祝煮しめ

スポンサーリンク

祝煮しめ

料理名 祝煮しめ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 髙橋拓児
放送局 NHK
放送日 2016年12月12日(月)

 

春菊ですがすがしい気分を

「軽やかおせち」というテーマで、髙橋拓児さんがおせち料理を紹介していました。ここでは、香りたつ!「祝煮しめ」の作り方になります。しいたけは「丸」、里芋は「亀甲」、にんじんは「のし」、それぞれ縁起の良い形に切り華やかに仕上げます。今回は
春菊とオリーブ油の清涼感をプラス!シンプルですが、華がある煮しめです。

スポンサーリンク

祝煮しめの材料(つくりやすい分量)

 

里芋(またはえび芋) 4コ
にんじん(あれば金時にんじん) 1/2本
干ししいたけ 4枚
春菊 1/8ワ
米のとぎ汁 適量
A
干ししいたけの戻し汁 大さじ5
だし カップ1と1/4
しょうゆ・みりん 各大さじ2
大さじ1と2/3
砂糖 大さじ2と1/2
●エクストラバージンオリーブ油

 

 

祝煮しめの作り方

1.干ししいたけ(4枚)は洗い、水(カップ1)に半日以上つけて戻します(戻し汁大さじ5はとっておく)。軸は切ります。

●干ししいたけは「丸」の形に

-

2.里芋(またはえび芋 4コ)は上下を落とし、切り口が六角形になるよう、亀甲にむきます(側面の一面をむいたら、反対側の面をむくようにするときれいにむける)。竹串がスッと入るくらいまで米のとぎ汁(適量)でゆで、水にさらします。にんじん(あれば金時にんじん 1/2本)は細長い乱切りにし、カーブをとがらせえるように端を切り落とし、細長い四角形のような形に切ります。

●にんじんは「のし」、里芋は「亀甲」の形に

-

3.鍋に1の干ししいたけ、2の里芋とにんじん、下記Aを入れます。落としぶたをし、柔らかくなるまで弱めの中火で10~15分間煮ます。

干ししいたけの戻し汁 大さじ5
だし カップ1と1/4
しょうゆ・みりん 各大さじ2
酒 大さじ1と2/3
砂糖 大さじ2と1/2

祝煮しめ

-

4.春菊(1/8ワ)はサッとゆでて水にとり、水けを絞って食べやすく切ります。春菊を1か所にまとめて鍋に加え、エクストラバージンオリーブ油(少々)を回しかけて火を止め、そのまま冷まします。

※春菊で味を引き締める

※オリーブ油の香りで軽やかな煮物に

-

5.祝煮しめの完成。

祝煮しめ


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ