白身魚のグリルラタトゥイユソース

スポンサーリンク

白身魚のグリルラタトゥイユソース

白身魚のグリルラタトゥイユソース

料理名 白身魚のグリルラタトゥイユソース
番組名 きょうの料理
料理人 鮫島正樹
放送局 NHK
放送日 2014年7月8日(火)

ノンオイルのラタトゥイユにレーズンを加えてひとまとめ!

蒸して、油脂を使いません。それだけでもダイエット料理に最適です!このラタトゥイユは白身魚や鶏肉のソースとして、重宝します。ぜひ、夏野菜をたっぷり摂りましょう。

スポンサーリンク

白身魚のグリルラタトゥイユソースの材料(2人分)

白身魚(切り身) 2切れ(160g)
ラタトゥイユ
ニンジン 1本
タマネギ 1個
トマト(大) 1個
ピーマン 4個
レーズン 8g
小さじ1/5
コショウ 少々

白身魚のグリルラタトゥイユソースの作り方

1、ラタトゥイユのニンジン(1本 )は皮をむき、薄めの輪切りにする。耐熱ボウルに入れてラップをし、電子レンジ(600W)に2分間かける。

-

白身魚のグリルラタトゥイユソース2、タマネギ(1個 )は8m幅の輪切りに、トマトはヘタを取り、1㎝幅の輪切りにする。ピーマン(4個 )は縦半分に切り、ヘタと種を取り除く。レーズン(8g )は熱湯でサッと洗い、水気を切る

-

白身魚のグリルラタトゥイユソース3、厚手のフライパンににんじん、玉ねぎ、とまと、ピーマン(4個 )の順に隙間なく並べて重ね、蓋をする。

-

やや弱火の中火で、玉ねぎとにんじんに薄いう焼き色がつき、水分がでてくるまで、5~6分間蒸し焼きにする。

※焦げ付きそうな場合は、水(大2~3)を回しかけましょう

4、3の野菜は形をくずさないように丁寧に上下を返し、火を弱める。蓋を少しずらしてかけ、水分をとばしながら10分間蒸し煮にする。

白身魚のグリルラタトゥイユソースレーズン(8g )を加え、塩(小1/5 )、コショウ(少々)をふって全体を大きく混ぜる。蓋をとって5分間煮る。

※レーズンがラタトゥイユの味のまとめ役

-

5、魚に塩(小1/5 )・こしょう(各少々)をふる。

-

白身魚のグリルラタトゥイユソース6、魚焼きグリルまたは表円加工のしてあるフライパンに魚をのせ、軽く焼き目がつくまで焼く。

※フライパンの場合は、途中上下を返して両面を焼くとよい

-

白身魚のグリルラタトゥイユソース7、器に魚を盛り、ラタトゥイユを添えて完成です。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ