白身魚のカリふわポワレ

スポンサーリンク

白身魚のカリふわポワレ

白身魚のカリふわポワレ

料理名 白身魚のカリふわポワレ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 コウケンテツ
放送局 NHK
放送日 2017年8月9日(水)

 

レモンのソースが美味!

コウケンテツさんが旅先で教わった魚介料理を2品紹介。ここでは、「白身魚のカリふわポワレ」の作り方になります。九州で出会ったフレンチシェフに学んだ技で皮はカリッ、身はふっくらと仕上がります。レモンの爽やかなソースが美味!

スポンサーリンク

白身魚のカリふわポワレの材料(2人分)

 

白身魚(切り身) 2切れ
強力粉 少々
きのこのレモンバターソース
マッシュルーム 8コ
ローリエ 1枚
バター 30g
カップ1/2
しょうゆ・レモン汁 各大さじ1
はちみつ 大さじ1/2
さやいんげん(へたを取って3~4等分にする) 10本分
ディル 適宜
●塩・黒こしょう(粗びき)・サラダ油

 

 

白身魚のカリふわポワレの作り方

1.マッシュルーム(8コ)は石づきを除き、4等分にちぎります。フライパンにバター(30g)を中火で熱し、マッシュルーム、ローリエ(1枚)を炒めます。酒(カップ1/2)を加えてアルコール分をとばし、しょうゆ、レモン汁(各大さじ1)、はちみつ(大1/2)を加え、塩少々で味を調えます。

※手でマッシュルームをちぎることで、香りとうまみが出る。

-

2.白身魚(切り身 2切れ)は皮側に左右交互に5~6か所切り込みを入れ、水けを拭きます。全体に塩・黒こしょう各少々をふり、皮側に強力粉(少々)を薄くまぶします。

※強力粉をまぶすことで、カリッとした仕上がりになる。

●白身魚は季節によりいさき、たい、すずきなど好みのもの。

-

3.フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、さやいんげん(へたを取って3~4等分にする 10本分)をこんがりと炒めます。塩少々をふり、取り出します。

フライパンをサッと拭いてサラダ油大さじ2を中火で熱し、2の白身魚を皮側から入れ、身の回りが白っぽくなるまで2~3分間焼き付けます。裏返して、30秒~1分間ほど焼き、火を止めて2~3分間ほどそのままおいて予熱で火を通します。

白身魚のカリふわポワレ

※白っぽく色が変わるまで触らず、じっくり焼くこと。

-

4.器に1のきのこの1のソースを敷いてさやいんげんを盛り、3の白身魚をのせます。黒こしょう少々をふり、好みでディル(適宜)を散らします。

白身魚のカリふわポワレ


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ