白身魚のこうじ漬け

スポンサーリンク

白身魚のこうじ漬け

料理名 白身魚のこうじ漬け
番組名 NHKきょうの料理
料理人 大原千鶴
放送局 NHK
放送日 2017年1月19日(木)

 

うまみが増し、身がホロッと

「大原千鶴の 季節のやさしい手仕事」シリーズでは、こうじ・酒かすを使った料理5品を紹介していました。ここでは、起こしたこうじで作る「白身魚のこうじ漬け」の作り方になります。今回はタラを使ったこうじ漬けになります。3日間以上漬けおくときは、こうじから取り出して1切れずつラップで包み、冷凍庫で保存します。

スポンサーリンク

白身魚のこうじ漬けの材料(つくりやすい分量)

 

たら(切り身) 4切れ(300g)
起こしたこうじ 300g
ゆず(くし形切り) 適量
●塩・酒

 

 

白身魚のこうじ漬けの作り方

1.たら(切り身 4切れ(300g))は塩(小1)を全体にふって10分間以上おき、水けを拭き取ります。

2.ボウルに起こしたこうじ(300g)と酒(大2)を入れて溶きのばします。

「起こしたこうじ」作り方はこちら

3.保存容器に2の半量を入れてならし、その上にガーゼを敷いてたらをのせ、ガーゼで覆います。2の残りを平らにのせてふたをし、冷蔵庫に入れて1~2日間おきます。

白身魚のこうじ漬け

4.たらを保存容器から取り出し、魚焼きグリルの弱火で焦げつきに注意しながら、約5分間焼きます。

5.半分に切って器に盛り、ゆず(くし形切り 適量)を添え白身魚のこうじ漬けの完成。

白身魚のこうじ漬け

●漬けはじめて3日間以内に食べきります。それ以上おくときは、こうじから取り出して1切れずつラップで包み、冷凍庫で保存。食べる前に解凍します。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ