甘酒

スポンサーリンク

甘酒

料理名 甘酒
番組名 NHKきょうの料理
料理人 大原千鶴
放送局 NHK
放送日 2017年1月19日(木)

 

やさしい甘みの手作り甘酒

「大原千鶴の 季節のやさしい手仕事」シリーズでは、こうじ・酒かすを使った料理5品を紹介していました。ここでは、起こしたこうじで作るオーソドックスな「甘酒」の作り方になります。やさしい甘みと米のツブツブ食感がしっかり味わえるのは手づくりならでは。起こしたこうじは冷蔵庫で約1週間、冷凍庫で約2か月保存可能です。

スポンサーリンク

甘酒の材料

 

こうじを起こす(作りやすい分量)
乾燥米こうじ 150g
90ml(1/2合)
カップ1と1/2
甘酒(2杯分)
起こしたこうじ 大さじ4
140ml
砂糖 大さじ1
しょうが(すりおろす) 適宜

 

 

甘酒の作り方

1.こうじを起こす。米(90ml(1/2合))は洗ってざるに上げ、30分間おきます。炊飯器で米と水(カップ1と1/2)を炊き、ボウルに移します。粗熱が取れたら乾燥米こうじ(150g)を加えて混ぜます。

-

2.二重にしたジッパー付きの保存袋に入れ、袋の上から軽くもみます。

-

3.厚手の鍋に約70℃のお湯(少しの時間しか触れない温度)をたっぷり入れ、2の保存袋を加えてふたをします。鍋ごとバスタオルなどでくるみ、約3時間おきます。

甘酒

●手でもんで甘い香りのおかゆのようになればOK

※冷蔵庫で約1週間、冷凍庫で約2か月保存可能

-

4.甘酒を作る。小鍋に3の起こしたこうじ(大4)と湯(140ml)を入れて弱火にかけます。温まったら、砂糖(大1)を加えて混ぜ溶かします。

甘酒

-

5.コップに注ぎ、好みでしょうが(すりおろす 適宜)添えて甘酒の完成。

甘酒


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ