照り焼きチキンの混ぜずし

スポンサーリンク

照り焼きチキンの混ぜずし

照り焼きチキンの混ぜずし

料理名 照り焼きチキンの混ぜずし
番組名 NHKきょうの料理
料理人 栗原はるみ
放送局 NHK
放送日 2016年12月7日(水)

 

鶏の照り焼きで食べごたえ十分

「栗原はるみの定番ごはん 年末スペシャ」ということで、クリスマスパーティーなどにピッタリな料理を2品紹介していました。ここでは、「照り焼きチキンの混ぜずし」の作り方になります。魚介の代わりに鶏の照り焼きを混ぜ込んだ、食べごたえのある混ぜずし。照り焼きは、しょうゆ、みりん、砂糖で簡単に出来るので、時間がない時にも重宝。すし飯は、ゆずの搾り汁の風味を生かして栗原はるみ流に仕上げます。

スポンサーリンク

照り焼きチキンの混ぜずしの材料(4人分)

 

400ml(カップ2)
すし酢
カップ1/2
砂糖 大さじ2
小さじ1
柚子の搾り汁(またはすだち) 大さじ1
照り焼きチキン
鶏もも肉 1枚(300g)
塩・サラダ油 各少々
A
しょうゆ 大さじ1
みりん・砂糖 各小さじ1
錦糸卵
2コ
 B
砂糖 大さじ1
大さじ1/2
少々
サラダ油少々
きゅうり 1本
青じそ 10枚
白ごま 大さじ1
もみのり 適量

 

 

照り焼きチキンの混ぜずしの作り方

1.米(400ml(カップ2))は洗ってざるに上げ、約15分間おきます。水けをきって炊飯器に入れ、水(カップ2)を注いで普通に炊きます。

すし酢の酢(カップ1/2)、砂糖(大2)、塩(小1)をよく混ぜ合わせます。炊きたてのご飯をボウルに入れ、すし酢を加えてしゃもじで切るように混ぜ、粗熱を取って柚子の搾り汁(またはすだち 大1)を加えて混ぜます。

-

2.照り焼きチキンを作ります。鶏もも肉(1枚(300g))は脂が気になれば取り除きます。皮にフォークなどで穴をあけ、軽く塩(少々)をふります。Aのしょうゆ(大1)、みりん・砂糖(各小1)は混ぜ合わせておきます。

※鶏肉はフォークで皮に穴を開けると、縮みにくく火の通りもよい

-

3.フライパンにサラダ油(少々)を熱し、鶏肉を皮側から強火で焼き付けます。焼き色がついたら裏返してふたをし、弱火にして4~5分間焼きます。火を止めて鶏肉を取り出し、紙タオルで余分な脂を拭き取ります。

Aの合わせ調味料を入れて再び中火にかけ、フツフツしてきたら弱火にして鶏肉を戻し入れ、2~3分間煮てからめます。鶏肉は熱いうちに取り出し、粗熱が取れたら1.5cm角に切り、バットに入れます。フライパンに残ったたれを鶏肉にからめます。

照り焼きチキンの混ぜずし
※鶏肉は皮側から強火で焼きつけ香ばしく

-

4.錦糸卵を作ります。ボウルに卵(2コ)を割りほぐし、Bの砂糖(大1)、酒(大1/2)、塩(少々)を加えてよく混ぜ、こします。小さなフライパンにサラダ油(適量)を中火で熱して紙タオルでなじませ、卵液の1/4量を流し入れて薄く広げ、焼き色をつけないように両面を焼きます。残り3枚も同様に焼きます。粗熱が取れたら、半分に切ってから細切りにし、てでふんわりとほぐしておきます。

※丁寧にこすときれいな焼き上がりに

-

5.きゅうり(1本)は縦半分に切ってスプーンで種を取り除き、5mm角に切ります。青じそ(10枚)は縦半分に切ってからせん切りにします。1のすし飯に3ときゅうりを加えて混ぜ、白ごま(大1)、青じそを加えて軽く混ぜ合わせます。

照り焼きチキンの混ぜずし
※キュウリは種を取り除くことで食感よく

-

6.器に盛り、もみのり(適量)を散らし、4の錦糸卵をのせて、照り焼きチキンの混ぜずしの完成。

照り焼きチキンの混ぜずし

-

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ