焼き帆立ての土鍋炊きご飯

スポンサーリンク

焼き帆立ての土鍋炊きご飯

焼き帆立ての土鍋炊きご飯

料理名 焼き帆立ての土鍋炊きご飯
番組名 きょうの料理
料理人 藤田 貴子
放送局 NHK
放送日 2014年11月19日(水)

 

土鍋でおもてなしにも

【和食の知恵を食卓に】ということで、「焼き帆立ての土鍋炊きご飯」はいかがでしょうか?土鍋で炊き上げて、そのまま食卓へ、おもてなしにもおすすめです。

スポンサーリンク

焼き帆立ての土鍋炊きご飯の材料(4~5人分)

 

540ml(3合)
帆立て貝柱 (大)8~10コ
粗塩 大さじ2
A
大さじ2
しょうゆ 大さじ3
みりん 大さじ3
B
大さじ3
小さじ2弱
うす口しょうゆ 小さじ1
昆布 1枚(10×5cm)
青ねぎ (小口切り)2本分

 

 

焼き帆立ての土鍋炊きご飯の作り方

焼き帆立ての土鍋炊きご飯1、米(540ml(3合) )は土鍋ご飯の炊き方の要領で洗って水けをきり、土鍋に入れて水(490ml)を注ぎ、15分間おく。

焼き帆立ての土鍋炊きご飯2、帆立て貝柱((大)8~10コ )は粗塩(大2 )をまぶして3分間おき、ヒタヒタの水の中でふり洗いをする。水を捨て、同様にもう一度水洗いをする。帆立てに指をつけ、その指をなめると、ほんのり塩味が残る程度が目安。

焼き帆立ての土鍋炊きご飯水けを拭いて、【A】の酒(大2)、しょうゆ(大3)、みりん(大3)に1時間つける。

 

焼き帆立ての土鍋炊きご飯3、帆立ての汁けをきり、魚焼きグリルに入れて強火で両面に焼き色をつける。

 

焼き帆立ての土鍋炊きご飯4、土鍋に【B】の酒(大3)、塩(小2弱)、うす口しょうゆ(小1)、昆布(1枚(10×5cm))を加え、3をのせる。強火にかけ、沸騰したら中火で5~7分間、弱火で10分間炊いて火を止め、10分間蒸らす。

 

焼き帆立ての土鍋炊きご飯5、昆布を除き、青ねぎ((小口切り)2本分)を散らす。帆立てをほぐしながら全体をサックリ混ぜ、茶碗に盛り、焼き帆立ての土鍋炊きご飯の完成。

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ