焼きみそおむすび

スポンサーリンク

焼きみそおむすび

焼きみそおむすび

料理名 焼きみそおむすび
番組名 きょうの料理
料理人 土井 善晴
放送局 NHK
放送日 2014年10月30日(木)

 

甘めのみそで香ばしく

【土井善晴のホッとする四季ごはん】のシリーズから、「焼きみそおむすび」の作り方を詳しく紹介していました。今回はお米をつぶして、半づきにしてからおむすびにします。香ばしいぬかの香りと胚芽が残る五分づき米を使いますが、なければ白米でも作れます。中に詰めた甘辛い味噌と香ばしさが絶妙です。

スポンサーリンク

焼きみそおむすびの材料(つくりやすい分量)

 

五分づき米 400ml(カップ2) または白米
みそ 40g
砂糖 大さじ1
白ごま 適量
適量

 

 

焼きみそおむすびの作り方

焼きみそおむすび1、五分づき米(400ml(カップ2) または白米)は洗ってざるに上げ、40分間ほどおく。(洗い米)

 

-

焼きみそおむすび2、1の洗い米と同量の水を炊飯器に入れて炊く。みそ(40g)と砂糖(大1)はよく混ぜ合わせておく。

 

-

焼きみそおむすび3、炊きたてのご飯をすり鉢に移し、水でぬらしたすりこ木でつぶす。すり鉢がなければ、炊飯器の内釜で、釜を傷めないようについてもよい。

※おはぎのもち米をつくようにして粘りを出すと、もっちりした歯ざわりに(ご飯粒が半分つぶれる程度の半づき)。

 

-

4、手は念入りに洗う。さらしの布巾は水洗いして固く絞る。茶碗はご飯粒がつかないように水にくぐらせる。

※《さらしの布巾》反物のさらしをピリッと裂き、新しいものを使います。アツアツのご飯を固く絞ったさらしの布巾で軽くまとめます。

 

-

焼きみそおむすび5、絞った布巾を手にかけ、茶碗を持つ。アツアツのご飯をよそってもう一方の手に持ちかえ、布巾の上にのせる。

 

6、軽くキュッキュッと2回にぎって杉板の上に転がす。これを繰り返す。

※《杉板》温かいご飯をのせれば、木の板が余分な水分を吸い、蒸れにくくなります。菓子折やそうめんなどの木箱のふたでもかまいません。固く絞ったぬれ布巾で拭いて使います。

 

-

焼きみそおむすび7、手に程よく水をつけ、塩(適量)を全体に広げ、6のご飯をにぎる。中心を少しくぼませて2のみそを入れて整える。

 

-

焼きみそおむすび8、好みで表面に白ごま(適量)を軽くまぶし、しっかりと熱した焼き網にのせる。焼き色がついたら返し、全体をこんがりと焼く。

-
焼きみそおむすび

焼きみそおむすび

 

皿にのせて、焼きみそおむすびの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ