焼きさばずし

スポンサーリンク

焼きさばずし

料理名 焼きさばずし
番組名 NHKきょうの料理
料理人 栗原はるみ
放送局 NHK
放送日 2017年12月6日(水)

 

照り焼きのさばを

栗原はるみの定番ごはんシリーズから「年末スペシャル」というテーマで、定番パーティー料理を紹介。ここでは、「焼きさばずし」の作り方になります。しめさばではなく、家庭でつくりやすい照り焼きにしたさばを使った「焼きさばずし」。巻きすではなくラップで巻く、豪華なのにつくりやすいお寿司です。

スポンサーリンク

焼きさばずしの材料(2本分)

 

180ml(1合)
すし酢
大さじ3
砂糖 大さじ3/4
小さじ1/4
さば(三枚におろしたもの) 2枚(300g)
A
しょうゆ 大さじ3
みりん 大さじ2
大さじ1
砂糖 小さじ1
青じそ 6枚
しょうがの甘酢漬け 適量
わさび(すりおろす) 適宜
すだち(半分に切る) 適宜

 

 

焼きさばずしの作り方

準備しておくこと

●すし酢の酢(大さじ3)・砂糖(大さじ3/4)・塩(小さじ1/4)をよく混ぜておきます。

●さば(三枚におろしたもの 2枚(300g))は小骨があれば取り除き、大きい場合は腹側を少し切り落とします。

●天板にオーブン用の紙を敷いてアルミ箔を重ねます。焼き汁が流れないようにアルミ箔の縁を折り曲げ、その上に金網をのせます。

●オーブンは200℃の温めておきます。

1.さばはジッパー付き保存袋に入れてAのしょうゆ(大さじ3)・みりん(大さじ2)・酒(大さじ1)・砂糖(小さじ1)を加え、空気を抜いて口を閉じ、冷蔵庫に入れて30~40秒間つけておきます。

2.米(180ml(1合))は洗ってざるに上げ、約15分間おいて水けをきり、炊飯器で普通に炊きます。炊き上がったご飯にすし酢を回しかけ、切るように混ぜて粗熱を取ります。

3.1のざはの汁けをきって(つけ汁はとっておく)、皮側を上にして金網にのせ、200℃のオーブンで10~12分間焼きます(または魚焼きグリルで10~14分間焼く)。途中、1~2度つけ汁を塗って照りを出します。焼き上がったら粗熱を取ります。

4.幅30cmのラップを広げ、中心より少し奥にさばの皮側を下にして置きます。青じそ(6枚)を裏面を上にして3枚並べ、汁けをきったしょうがの甘酢漬け(適量)をのせます。

2のすし飯の約半量を軽く握ってのせ、ラップで形を整えながら軽く押さえて巻き、両端をねじって形を整えます。ラップごと食べやすい大きさに切ります。

もう1本も同様に作ります。

5.ラップを外して器に盛り、好みでわさび(すりおろす 適宜)、すだち(半分に切る 適宜)を添えます。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ