焼ききずしのちらし

スポンサーリンク

焼ききずしのちらし

焼ききずしのちらし

料理名 焼ききずしのちらし
番組名 NHKきょうの料理
料理人 大原千鶴
放送局 NHK
放送日 2017年6月15日(木)

 

あじの酢じめを香ばしく

「大原千鶴のもっと気軽に魚介レシピ」というテーマで、あじを使った料理の紹介です。ここでは、「焼ききずしのちらし」の作り方になります。あじのきずし(酢じめ)を香ばしく焼いておすしにします。爽やかな風味で箸がすすむ一品に。

スポンサーリンク

焼ききずしのちらしの材料(2人分)

 

あじのきずし(つくりやすい分量)
あじ(三枚におろしたもの) 4枚(2匹分/正味約300g)
漬け酢
米酢 カップ1/2
砂糖 大さじ1
うす口しょうゆ 大さじ1/2
ご飯(温かいもの) 350g(1合分)
すし酢
米酢 大さじ2
砂糖 大さじ1と1/2
小さじ1/2
香味野菜
青じそ(みじん切り) 3枚分
みょうが(小口切り) 1コ分
貝割れ菜(5mm幅に切る) 1/4パック
ごま油(白) 小さじ2
すだち(輪切り) 2枚
●塩・小麦粉

 

 

焼ききずしのちらしの作り方

1.あじ(三枚におろしたもの 4枚(2匹分/正味約300g))の両面に塩小さじ1をふり、冷蔵庫で1時間以上おきます。出てきた水けを拭き取り、小骨を抜きます。

-

2.ポリ袋に漬け酢の米酢(カップ1/2)・砂糖(大さじ1)・うす口しょうゆ(大さじ1/2)を入れ、あじを加えて袋の空気を抜いて縛り、冷蔵庫で1時間以上おきます。きずしとしてそのまま食べる場合は、漬け上がったあと皮をむき、食べやすく切って食べます。

焼ききずしのちらし

※漬け酢に漬けたまま、冷蔵庫で3日間保存可能。

-

3.あじのきずし2枚は汁けを紙タオルで拭き取り、全体に薄く小麦粉(適量)をまぶします。フライパンにごま油(白 小2)を中火で熱し、きずしを皮側から入れて両面をこんがりと焼きます。

焼ききずしのちらし

-

4.青じそ(みじん切り 3枚分)、みょうが(小口切り 1コ分)はそれぞれ水にさらして水けを絞ります。ご飯(温かいもの 350g(1合分))にすし酢の米酢(大さじ2)・砂糖(大さじ1と1/2)・塩(小さじ1/2)を加え、青じそ、みょうが、貝割れ菜(5mm幅に切る 1/4パック)を混ぜ合わせます。

-

5.すし飯を器に盛り、焼いたきずしをのせ、貝割れ菜・みょうが各少々(分量外)、すだち(輪切り 2枚)を添えます。

焼ききずしのちらし


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ