栗の甘露煮

スポンサーリンク

栗の甘露煮

栗の甘露煮

料理名 栗の甘露煮
番組名 NHKきょうの料理
料理人 野口 日出子
放送局 NHK
放送日 2015年9月14日(月)

 

手作りの甘露煮

出回る時季が短いからこそ、年に1度は手作りしたい秋の味覚「栗」。ここでは、渋皮煮と並ぶ人気を誇る、「栗の甘露煮」の作り方を紹介。茶碗蒸しやお正月のくりきんとんに、くりあんにして白玉とからめてなど1度手作りすれば、冷蔵庫で3~4か月間保存可能です。くちなしの実を加えて、つややかに色よく仕上げましょう。

スポンサーリンク

栗の甘露煮の材料(作りやすい量)

 

くり 1kg
焼きみょうばん 大さじ2
くちなしの実 5コ
(みつ)
砂糖 400g
カップ2
小さじ1/3

 

 

栗の甘露煮の作り方

1.くり(1kg)はたっぷりの水に3時間ほど浸す(急ぐときは熱湯に1時間ほど浸す)。底の部分(座)を切り落とし、その面をまな板において平らな面を渋皮ごと切り落とす。くりのカーブにそって残りを六面にむく。

※水に浸すことで、皮が柔らかくなる。

※六面むきを丁寧にすることで煮崩れしにくい

-

2.水(カップ3)に焼きみょうばん(大2)を溶かし、みょうばん水をつくる。くりを加えて1時間ほど浸し、水で洗う。

※焼きみょうばんを入れると、アクが取れ煮くずれ防止にも!

-

3.くちなしの実(5コ)は斜めに包丁を入れて半分に切り、お茶用不織布パックなどに入れる。

※斜めに切ることで、色がよく出る

-

栗の甘露煮4.鍋にくりを入れ、ヒタヒタの水と3を加えて火にかける。沸騰してきたら火を弱め、中火で差し水をしながら竹串がスッと通るくらいまでゆでる。

-

栗の甘露煮5.別の鍋にみつの砂糖(400g)、水(カップ2)、塩(小1/3)を合わせて火にかけ、砂糖を溶かす。4の水けをきって加え、オーブン用の紙で落としぶたをする。弱めの中火にかけ、30分間ほどゆっくり煮含める。

-

栗の甘露煮6.栗の甘露煮の完成。

※熱湯消毒した保存瓶に、みつに浸った状態になるよう詰め、冷蔵庫で3~4か月間保存可能。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ