栗の甘露煮

スポンサーリンク

栗の甘露煮

料理名 栗の甘露煮
番組名 NHKきょうの料理
料理人 大原千鶴
放送局 NHK
放送日 2016年9月22日(木)

 

つややかな黄色が美しい

大原千鶴の季節のやさしい手仕事シリーズで今回は「栗(くり)」を使った料理をご紹介です。ここでは、「栗の甘露煮」の作り方になります。つややかな黄色がなんとも美しい甘露煮。軽くあぶると、ワンランク上の風味と姿になって、おせちなどにみぴったりの一品になります。

スポンサーリンク

栗の甘露煮の材料(つくりやすい分量)

 

くり 1kg
くちなしの実 2コ
みつ
砂糖 350g
カップ3
少々

 

 

栗の甘露煮の作り方

1.くり(1kg)は鬼皮をむきます。ボウルに水を入れ、くりを浸して軽く汚れを取ります。

-

2.渋皮は渋が残らないように厚めにむきます。縁の部分からむきはじめ、そのあとに中央の部分をむくとむきやすい。水でサッと洗い、鍋に移します。

※渋が残らないよう厚めにむく

-

3.くちなしの実(2コ)は半分に切ります。鍋にくりとヒタヒタの水、くちなしの実を入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして10分間ゆでます。

栗の甘露煮

-

4.火を止め、そのまま冷ましてくちなしの色をしっかりくりにつけ、くちなしを取り除きます。

-

5.鍋からくりをやさしく取り出し、別の平たい鍋(内径26cmが目安)に移します。

-

6.小鍋にみつの砂糖(350g)、水(カップ3)、塩(少々)を入れて弱火にかけ、砂糖が溶けるまでかき混ぜます。

5の鍋にみつを注ぎ入れ、紙タオル(不織布タイプ)で落としぶたをして火にかけ、煮立ったら弱火で10分間コトコト煮ます。火を止めてそのまま冷まします。

-

7.器に盛り、栗の甘露煮の完成。

栗の甘露煮

●みつと一緒に保存容器に入れて、冷蔵庫で10日間保存可能。煮沸消毒した保存瓶にみつに浸った状態で入れた場合は、冷蔵庫で約3~4か月間保存可能。

-

≪栗のパフェ≫

バニラアイスクリーム・コーヒーアイスクリーム・ホイップクリーム(各適量)を器に盛り、栗の甘露煮(3~4コ)をのせます。大きければ、食べやすい大きさに切ります。

栗の甘露煮


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

栗の甘露煮の人気レシピ

第1位

ほっこり〜栗の甘露煮〜

ほっこり〜栗の甘露煮〜

殺菌した瓶で冷蔵保存、タッパーで冷凍保存しています。そのまま食べてもおいしいですが、お菓子づくりにも大活躍です!

第2位

冷凍栗の甘煮

冷凍栗の甘煮

冷凍した栗を甘煮にしました。甘さ控えめにしてカロリーを抑えましたが、充分に甘くて美味しいです。

第3位

手作りおせち!甘さ控えめに簡単栗きんとん♪

手作りおせち!甘さ控えめに簡単栗きんとん♪

おせちには欠かすことが出来ない縁起物の栗きんとんです。 金団と書いて金銀財宝が寄り集まる縁起のいい、おめでたい食べ物といわれています。

第4位

栗の甘露煮

栗の甘露煮

「くり含ませ」とも呼ばれます。買わなくても自宅で簡単に作れます♪

このページの先頭へ