栗の渋皮煮

スポンサーリンク

栗の渋皮煮

栗の渋皮煮

料理名 栗の渋皮煮
番組名 きょうの料理
料理人 野口 日出子
放送局 NHK
放送日 2015年9月14日(月)

 

栗のおいしさ1番

「栗の渋皮煮」の作り方になります。出回る時季が短いからこそ、年に1度は手作りしたい秋の味覚。何度もアク抜きをして、ゆっくりと煮含めます。渋皮の風味も加わって、格別の一品に仕上がります。冷蔵庫で3~4か月間保存可能です。

スポンサーリンク

栗の渋皮煮の材料(つくりやすい分量)

 

くり 1kg
重曹 小さじ2
A
砂糖 450g
しょうゆ 大さじ1+1/2
みりん 大さじ1

 

 

栗の渋皮煮の作り方

1、くり(1kg )はたっぷりの水に3時間ほど浸し(急ぐときは熱湯に1時間ほど浸す)、底の部分の鬼皮を少し削り取る。

※水に浸すことで、皮が柔らかくなる。渋皮まで削らないよう注意。

 

-

2、鍋に1を入れてヒタヒタの水を加え、火にかける。沸騰したら火から下ろし、人肌程度に冷めたら、1で削り取ったところを手がかりに、渋皮を傷つけないようにしながら、小さめの包丁で鬼皮をむく。

※1回茹でるとさらに鬼皮がむきやすくなる

-

栗の渋皮煮3、鍋に2を入れてヒタヒタの水と重曹(小2 )を加える。差し水をしながら、竹串が通るくらい柔らかくなるまで40~50分間ゆでる。

※重層を使うと栗のえぐみがやわらぐ

-

4、3を水にとり、渋皮に残っている筋を竹串で取る。

 

-

5、4を鍋に入れてヒタヒタの水を加えて火にかけ、2回ゆでこぼす。

※2回ゆでこぼすことで、すっきりと上品な味わいに

-

6、くりを清潔な針で数か所つつき、穴をあけて味のしみをよくする。

 

-

栗の渋皮煮7、6を鍋に入れてヒタヒタの水を加え、火にかける。沸騰したら中火にし、Aの砂糖(450g)の1/3量を加えてオーブン用の紙で落としぶたをする。残りの砂糖を2回に分けて加えながら、40分間ほど煮含める。

※砂糖を3回に分けて入れることで、くりに甘みが入りやすい

-

8、残りのAのしょうゆ(大1+1/2)、みりん(大1)を加え、色よく仕上げる。

-

栗の渋皮煮9、器に盛り、栗の渋皮煮の完成。

※しょうゆとみりんを加えたあと、そのまま数日間おくと味がよくしみ込む。

※熱湯消毒した保存瓶に、煮汁に浸った状態になるよう詰め、冷蔵庫で3~4か月間保存可能。

 

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ