栗きんとん

スポンサーリンク

栗きんとん

料理名 栗きんとん
番組名 NHKきょうの料理
料理人 土井善晴
放送局 NHK
放送日 2017年12月12日(火)
2017年12月25日(月)

 

コメント

「お正月」というテーマで、料理を紹介。ここでは、「栗きんとん」の作り方になります。

栗きんとんの黄金色は、正月の食卓を華やかに、豊かにしてくれます。黄色くゆがいたさつまいもを今年は裏ごしせず、木べらで押さえつぶして砂糖で練り上げました。。市販の栗の甘露煮を、水で戻して炊き直すことで柔らかくして、きんとんになじませす。

スポンサーリンク

栗きんとんの材料(つくりやすい分量)

 

さつまいも 500g
くちなしの実 5~6コ
栗の甘露煮(下ごしらえしたもの) 12コ
●砂糖

 

 

栗きんとんの作り方

1.さつまいも(500g)は皮を厚くむき、4cm厚さに切って縦に半割りにします。

水に1時間以上さしてアクを抜く。

 

2.皮をむいたさつまいもの重量の半量の砂糖を用意し、ざるでふるう。

 

 

3.くちなしの実(5~6コ)は砕いてガーゼに包み、カップ1ほどの水に2時間以上つけて色水を作ります。

 

 

4.さつまいもの水けをきって鍋に入れ、3をくちなしの実ごと加え、かぶるくらいまで水を足し、火にかけます。

煮立たせないようにして、さつまいもが柔らかくなるまで30分間ほどかけてゆっくりゆでます。

 

 

 

5.4のゆで汁をきってくちなしの実を取り除き、さつまいもを熱いうちに木べらで押さえてつぶします。

鍋を弱火にかけ、2の砂糖を2~3回に分けて加え、混ぜます。

堅いときは、湯を適宜加えてのばします。

 

 

 

6.栗の甘露煮(下ごしらえしたもの 12コ)を下ごしらえしたものを、煮含めた煮汁で温め、汁けをきって5に加え、さつまいもがトロリとなるまで、混ぜながら煮詰めます。

 

 

 

7.杉板の上に取り出し、乾かさないように固く絞ったぬれ布巾をかけて冷まします。

※保存

保存容器に入れ、冷蔵庫で5日間ほど。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ