春野菜の浅漬け

スポンサーリンク

春野菜の浅漬け

春野菜の浅漬け

料理名 春野菜の浅漬け
番組名 きょうの料理
料理人 大原 千鶴
放送局 NHK
放送日 2016年4月21日(木)

 

サラダのように軽やかな浅漬け

【大原千鶴の季節のやさしい手仕事】というテーマで、浅漬けと甘酢漬けの2品を紹介。ここでは、「春野菜の浅漬け」の作り方になります。春キャベツや春にんじんなどあっさりとした味わいの野菜を「浅漬け」にします。手作りの「浅漬けの素」と合わせるだけの簡単なレシピ。

スポンサーリンク

春野菜の浅漬けの材料(つくりやすい分量)

 

浅漬けの素
だし カップ1
うす口しょうゆ 大さじ1
砂糖 小さじ2
小さじ2
米酢 大さじ3
春キャベツの浅漬け
春キャベツ 100g
浅漬けの素 大さじ4
塩昆布 (市販/細切り)大さじ1
かぶの浅漬け
かぶ (小)1~2コ(180g)
浅漬けの素 大さじ4
春にんじんの浅漬け
春にんじん 1本(160g)
浅漬けの素 大さじ4
アスパラガスの浅漬け
グリーンアスパラガス 4本(80g)
浅漬けの素 大さじ2
きゅうりの浅漬け
きゅうり 2本
青じそ (粗めのせん切り)3枚分
しょうが (薄切り)3枚(5g)
浅漬けの素 大さじ5

 

 

春野菜の浅漬けの作り方

 

《野菜の下ごしらえ》

 

1、春キャベツ(100g)は芯を除き、食べやすい大きさに手でちぎる。

かぶ((小)1~2コ(180g))は皮をむいて縦半分に切り、縦3mm厚さに切る。

春にんじん(1本(160g))はピーラーで皮をむき、スライサーで薄い輪切りにする(味がしみこみやすい)。

グリーンアスパラガス(4本(80g))は根元の堅い部分を取り除き、皮の堅い部分をピーラーで薄くむいて、5cm長さに切る。

きゅうり(2本)は7mm厚さの斜め切りにする。

※かぶの皮は厚めにむくと春野菜の甘酢漬けに使えるので、とっておくとよい。甘酢に漬ける場合は、皮の重量の2%の塩をふり、しんなりしたら水けをきって甘酢に漬ける。

-
《【浅漬けの素】をつくる》

春野菜の浅漬け

2、小鍋にだし(カップ1)、うす口しょうゆ(大1)、砂糖(小2)、塩(小2)を入れてひと煮立ちさせ、火を止める。

粗熱が取れたら米酢(大3)を加えて混ぜる。

※冷蔵庫で約5日間保存可能。

-
《漬ける》

春野菜の浅漬け

3、下ごしらえした野菜はそれぞれの材料と一緒にポリ袋に入れ、手で軽くもむ。少ししんなりしたらポリ袋の空気を抜き、袋の口をしばって冷蔵庫で一晩(6時間以上)おく。

●春キャベツの浅漬け(しっかりともみこむ)

春キャベツ 100g
浅漬けの素 大さじ4
塩昆布 (市販/細切り)大さじ1

●かぶの浅漬け

かぶ (小)1~2コ(180g)
浅漬けの素 大さじ4

●春にんじんの浅漬け

春にんじん 1本(160g)
浅漬けの素 大さじ4

●アスパラガスの浅漬け

グリーンアスパラガス 4本(80g)
浅漬けの素 大さじ2

●きゅうりの浅漬け

きゅうり 2本
青じそ (粗めのせん切り)3枚分
しょうが (薄切り)3枚(5g)
浅漬けの素 大さじ5

※冷蔵庫で約3日間保存可能。

-

春野菜の浅漬け4、器に盛り、春野菜の浅漬けの完成。

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

春野菜の人気レシピ

第1位

ウドの下処理(茎・皮・葉)と酢味噌和え

ウドの下処理(茎・皮・葉)と酢味噌和え

山からとってきたウドは、念のため茹でて使います。 茎は酢味噌和えや味噌漬け、皮はきんぴら、葉は油炒めやてんぷらに使用できます。

第2位

重曹なしで簡単!わらびのあく抜きと保存

重曹なしで簡単!わらびのあく抜きと保存

わらびのあく抜きは、わずか15分ほどでできます。 小麦粉と塩だけで、重曹は使いません。 ひと晩浸け込む手間も要りません。

第3位

春野菜ふきの煮物

春野菜ふきの煮物

冷ました煮汁にふきを漬け込み、味を含ませたさわやかな春色のお惣菜です。

第4位

新玉ねぎの豚バラ肉巻き甘辛ソテー

新玉ねぎの豚バラ肉巻き甘辛ソテー

新たまねぎに豚バラ肉を巻いて、こんがり焼き甘辛ダレを絡めました。 ご飯がすすみます☆

このページの先頭へ