春菊とせりの朝地あえ

スポンサーリンク

春菊とせりの朝地あえ

春菊とせりの朝地あえ

料理名 春菊とせりの朝地あえ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 鈴木登紀子
放送局 NHK
放送日 2016年3月1日(火)

香りと苦味を生かした和え物

【登紀子ばぁばの元気印】シリーズで、「春菊とせりの朝地あえ」の作り方を紹介していました。ごまをすりおろさずに切りごまを使ったあえ物を「朝地あん」と呼びます。春らしい春菊とせりを使って、それぞれの香りと苦味を生かしたこの季節ならではの一品。葉野菜の水気をしっかりとることが美味しく作るポイントです。

スポンサーリンク

春菊とせりの朝地あえの材料(2~3人分)

春菊 1ワ(150g)
せいり 1ワ(70g)
白ごま 大さじ3
A
だし 大さじ1
しょうゆ 小さじ2
●塩・しょうゆ

春菊とせりの朝地あえの作り方

春菊とせりの朝地あえ1.切りごまをつくる。まな板の上に乾いた布巾を置き、中央に白ごま(大3)をのせる。布巾の縁ではさむようにして両手で包丁を持ち、刃物側を動かしながらごまを刻む。時々布巾ごと持ち上げてごまを中央に寄せると刻みやすい。

-

2.春菊(1ワ(150g))は塩(少々)を加えた湯でサッとゆで、氷水にとる。手で絞ってしっかりと水けをきる。

-

3.せりは1本を手でたたいて柔らかくしてから、束の根本を結ぶ。春菊と同様にゆでて氷水にとり、水けを絞る。

-

4.2、3を2cm長さに切って布巾にのせ、布巾ごと固く絞って水けをしっかりときる。

-

5.布巾を台に軽くたたきつけてほぐしてからバットに広げ、しょうゆ(小1)をふる。

-

春菊とせりの朝地あえ6.ボウルに切りごまとAのだし(大1)、しょうゆ(小2)を入れてよく混ぜ、5を加えてサッとあえる。

-

春菊とせりの朝地あえ7.器に盛り、春菊とせりの朝地あえの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

せりの人気レシピ

第1位

いい香り♪セリごはん

いい香り♪セリごはん

簡単にできるセリごはん、セリの香りがとってもいいです。

第2位

春の香り♪セリの天ぷら

春の香り♪セリの天ぷら

セリの香りが大好きです。シンプルな天ぷらにしました。

第3位

身体に良いんです♪せりの胡麻和え

身体に良いんです♪せりの胡麻和え

女性には嬉しい栄養がいっぱいなので是非どうぞ

第4位

春の香り。せりと豆腐の卵とじ

春の香り。せりと豆腐の卵とじ

甘めの出汁とほろ苦い芹がとてもよく合うなぁと思うのです。春だなぁ。

このページの先頭へ