春菊とさけのちらしずし

春菊とさけのちらしずし

料理名 春菊とさけのちらしずし
番組名 NHKきょうの料理
料理人 清水信子
放送局 NHK
放送日 2018年1月15日(月)

 

コメント

寒さとともにおいしさも栄養価も増す「青菜」の特集。今回は和風レシピ。ここでは、「春菊とさけのちらしずし」の作り方になります。春菊を刻んでサッと炒め、さけのほぐし身と合わせてすし飯に散らします。こんなに簡単なのに彩りよく、香りも上品。おもてなしの食卓にも喜ばれるおすしです。

春菊とさけのちらしずしの材料(3~4人分)

 

360ml(2合)
合わせ酢
大さじ3
砂糖 大さじ1
小さじ1
春菊 100g
塩ざけ(甘酢/切り身) 2切れ(約150g)
柚子の皮(すりおろす) 少々
白ごま 大さじ2
●サラダ油

 

 

春菊とさけのちらしずしの作り方

1.米(360ml(2合))は炊く1時間前に洗ってざるに上げ、水けをしっかりときります。

鍋に入れ、水360mlを加えて炊きます。

 

 

 

2.合わせ酢の酒 大さじ3、砂糖 大さじ1、塩 小さじ1はよく混ぜ合わせ、砂糖と塩を溶かします。

 

 

 

3.春菊(100g)は粗みじん切りにします。

フライパンに入れてサラダ油小さじ1を加え、中火で炒めます。

色鮮やかになったら、皿などに取り出して冷まします。

 

 

4.塩ざけ(甘酢/切り身 2切れ(約150g))は焼き網か魚焼きグリルで両面を焼き、身をほぐしながら骨を除きます。皮は粗く刻みます。

 

 

 

5.鍋の中の炊きたてのご飯に、合わせ酢をしゃもじに当てながら回しかけて手早く混ぜます。

再びふたをして1分間おき、パットに移してうちわであおぎながら冷まします。

 

 

 

6.5のすし飯に春菊とさけを広げてのせ、サックリと混ぜます。

7.器に盛り、柚子の皮(すりおろす 少々)と白ごま(大2)を散らします。

このページの先頭へ