新たまの明石焼き風

新たまの明石焼き風

料理名 新たまの明石焼き風
番組名 NHKきょうの料理
料理人 山口浩
放送局 NHK
放送日 2018年5月22日(火)

 

コメント

47都道府県の新しい郷土料理をプロデュースするシリーズ。今回は兵庫県。ここでは、「新たまの明石焼き風」の作り方になります。兵庫県は、「日本の縮図」と呼ばれるほどざまざまな食材の産地。淡路島産で有名な新たまねぎの甘さとサクサクとした食感、たこのうまみを生かした、新しい兵庫の「粉もん」の誕生です。スープにつけていただきます。

新たまの明石焼き風の材料(4人分/12コ分)

 

新たまねぎ 4コ
ゆでだこ 100g
キャベツ 120g
長芋 90g
A
小麦粉 50g
2コ
スープ カップ1/4
バルサミコ酢 大さじ2と2/3
スープ カップ2
●塩・サラダ油

 

 

新たまの明石焼き風の作り方

1.新たまねぎ(4コ)は上下を切り落として3cm厚さにし、それを1cm厚さの3枚の輪切りにします。

切り落とした部分も1cm厚さの輪切りにしてほぐし、その中から大きいリング3切れを取り分け、残りの半量を1cm角に切ります(残りは別の料理に使う)。ほかの3コも同様にします。

 

 

 

2.キャベツ(120g)は1cm四方に切ります。

長芋(90g)は皮をむき、すりおろします。

ゆでだこ(100g)は1cm角に切ります。

 

 

 

3.ボウルにAの小麦粉(50g)・卵(2コ)・スープ(カップ1/4)、長芋、塩小さじ2/3を混ぜ合わせ、たこ、1で1cm角に切ったたまねぎ、キャベツを加えて軽く混ぜます。

 

 

 

4.フライパンにサラダ油少々を中火で熱し、1のたまねぎを置き、内側に3を適量入れます。

約1分間焼いたら1のたまねぎをのせます。

 

 

 

5.生地に焼き色がついたら裏返し、ふたをして弱火で約10分間焼きます。

火が通ったらバルサミコ酢(大2と2/3)の1/4量を加え、たまねぎの底にからめ、裏返して器に盛ります。

残りも同様に作ります。

温めたスープ(カップ2)を添え、浸しながら食べます。


●スープは顆粒スープの素(洋風)を表示どおりの湯で溶いたもの。

このページの先頭へ